レビュー その他製品

スマートウォッチ入門に最適!!1万円台で手に入るIP68防水&多機能な「Microwear H1」レビュー




皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

今回はTOMTOPよりサンプルを提供して頂いたスマートウォッチ「Microwear H1」のレビュー記事となります。

そして個人的にはこれが初スマートウォッチとなります。やったね。

存在自体は以前から気にはなっていたのですが、別に腕時計に対してそこまでの機能を求めていないのと、普通の時計と比べると長く使えないであろう点からなかなか手を出せなかったので、非常にありがたい機会を頂きました。

ということで簡単にではありますが、1週間ほど使ってみた感想などを書いていきますね。

 

スペック

 

  • OS:Android4.4(Android FUN OS)
  • CPU:Media Tek MTK6572 デュアルコア 1GHz
  • ストレージ/メモリ:ROM 4GB/RAM 512MB
  • ディスプレイ/解像度:1.39インチ/400×400ドット
  • バッテリー容量:450mAh
  • カメラ:500万画素
  • 防水:IP68相当
  • Bluetooth:4.0及び3.0に対応
  • 対応ネットワーク : GSM 850/900/1800/1900MHz、WCDMA 850/2100MHz
  • SIMカード:nano-SIM対応
  • Wi-Fi:対応しています

 

パッケージ内容・H1本体について

パッケージ内容はH1本体と充電ケーブル、ベルト用のドライバーとマニュアル(英語のみ)となっています。

充電はある程度されている状態なので、電源を入れればすぐに起動させることが出来ます。

 

本体は大きく重厚感あり

本体の直径は5センチほどあり、私の割と太い腕でもかなりのボリュームがあります。

大きめのGショックという感じでしょうか。個人的には好みの大きさです。

ボディはステンレスでチープさはなく重厚感があり、ベルトはTPUなので着け心地はなかなか良い感じです。

ディスプレイもきれいで見やすいですが、スマホと同じく屋外では明るい日差しでかなり見にくくなります。

 

H1単体でネット接続可能

本体左側にナノsimカードのスロットがあるので、H1単体でネット、通話が可能です。

そしてWi-Fi接続もできるので、3,000円台で売られているスマートブレスレットにありがちなBluetooth接続のみとは違って色々と使い道は広いです。

 

試しにWi-Fi接続でウチのブログにアクセスしてみましたが、こんな感じで繋がりました。

こんな使い方をすることはおそらく今後も無いでしょうが、ネットを使える時点ですごいですよね。

もちろんGoogle Playストアへもアクセスできるので、アプリのインストールも可能です。

 

ただ、ストレージの余裕は1.2GB程しかないのと、本体のスペックが低いので、あまり期待しないほうが良さそうです。

 

文字盤デザインは豊富

ちなみに時刻表示状態のディスプレイを長押しで文字盤のデザインを変更できます。

42種類あるので、気分で色々と変えてみると新鮮味があるでしょうね。

 

機能面について

1万円台のスマートウォッチですが、機能面に関してはかなりのボリュームです。

 

スポーツ全般、気圧、標高、方位の測定、天気と気温、万歩計、心拍計、睡眠の質なども調べることが出来ます。

私のようにあまりスポーツをしない人だとすべての機能を使うことは無さそうですが、心拍計や天気、睡眠の質、方位を調べる機能はそれなりに使いそうですね。

 

試しに睡眠の質を測ってみました。

まあ、割合としては普通なんじゃないかと。普段は7時間睡眠を心がけてます。

寝ても疲れが取れない人はこのバランスが悪い場合が多いので、一度調べてみると良いかもです。

 

1週間使ってみて

室内で1日触っただけで分かることも少ないので、とりあえず1週間ほどH1をメインの腕時計として使ってみて良かった点と気になった点を挙げてみます。

 

充電は基本的に1日1回

時刻の確認程度だと1日のバッテリー消費量は30%ほどで、それなりに使うと60%ほど消費します。

また充電100%で放置するとだいたい3日ほどは保つという感じでした。

なので普段遣いにするのであれば、家に帰った際に必ず充電する必要があります。

バッテリーが450mAhと小さいので、100%充電にかかる時間はかなり短いです。

1時間もあれば大丈夫ですし、出先でも手持ちのモバイルバッテリーのほんの少しの消費でフル充電が可能です。

 

防水性も問題なし

水仕事の際にわざと多めに水にかかるように作業してみましたが、全く問題ありませんでした。

IP68の防水性は信頼に値するという判断です。

今回のレビュー商品にH1を選んだのは、同じ価格帯でここまでの防水性能が合ったのがこれだけだったからというのもあります。

いくらデザインが良くても、機能面において優れていても、水に弱いと普段遣いの時計としては厳しいですもんね。

 

充電ケーブルが独自規格なので…

充電はこんな感じの独自方式となっています。

なのでこれが断線となると…充電が出来なくなってしまうということになります。

しかもアマゾンやTOMTOPに充電ケーブルだけって売ってないんです。

唯一「AliExpress」に置いているようですが、出来ればアマゾンか、せめてTOMTOPで取り扱って欲しい所ですね。

気になった点がここだけなのでものすごく惜しいです。

汎用品だけで使える機器って本当に偉大なんですね…

 

終わりに

ということで「Microwear H1」のレビューですがいかがでしたか。

個人的にはこれだけの機能が使えて1万円台というのは非常に満足度が高いと思いました。

長く使うと時計機能以外はあまり使わなくなるので、バッテリーのこともそこまで気にすることはないでしょうし、気分によって文字盤を変えられるというのがものすごく良いです。

最新のスマートウォッチだと、お財布ケータイ機能も使える機種があるようですが、SONYやGarminの10万円台の製品となるので、私が手を出すには少し難しい金額です。

H1を更に使ってみて、今後新しいスマートウォッチに手を出すかを決めていければ良いなと思います。

そういう意味ではスマートウォッチ入門に最適なモデルではないでしょうか。

興味のある方は是非手に入れてみてくださいね。

ということで今回もお付き合い頂きましてありがとうございます。

 

お得な割引クーポンあります

販売価格はアマゾンだと約15,000円、TOMTOPだと約10,000円となっており5,000円ほどお安くなっています。

そして今回はクーポンコードを紹介させていただきますので更にお安く8,000円台で購入が可能です。

2018年8月31日までとなっていますので、

 

クーポン:H1JM01   適用後価格:8778円  使用期限:2018年 8月31日まで

購入は以下のリンクからどうぞ!!

https://www.tomtop.com/jp/p-pk0023b.html?aid=C4412

 

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。

-レビュー, その他製品
-

© 2020 Symphonical Rain