スポンサーリンク

【レビュー】2,500円で手に入るイヤモニ「KZ ZST」は遮音性、サウンドともに大満足だった

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

今回は前々から気になっていた中華製のイヤモニ(インイヤーモニター)「KZ ZST」のレビューです。

私の購入理由はDTMでの打ち込みやギター録音の際においての使用です。

ヘッドホンだと長時間使用で耳が痛くなったり、頭頂部の押さえつけがしんどくなるので、そのへんの改善を狙って試しに使ってみようかなと言う感じです。

イヤモニというと最近のプロミュージシャンは当たり前のように使用しており、カスタムモデルだとウン十万円の世界です。

一般的なものでもやはり最低1万円ほどが必要なイヤモニですが、今回紹介する「KZ ZST」は驚きの2,500円以下です。さすが中華製ですね。

ですが、ただ安いだけではお話になりません。ある程度の音の良さはもちろんのこと、チープすぎてすぐに壊れてしまっては安物買いの銭失いとなってしまいます。

という事で低価格帯のイヤモニの実力は以下ほどのものか、私が使ってみた感想などを書いていきますので最後までお付き合いいただければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パッケージと本体について

ここ最近は中華製特有の無地の箱(dodocoolとかANKERとか)に慣れていたので、久し振りに商品写真の入ったパッケージデザインに少し驚きながらも同時に妙な安心感が湧きました。

内容はイヤモニ本体、ケーブル、イヤーピースとなっています。

ケーブルは適度な剛性があり、簡単に断線はしなさそうです。

イヤモニ本体はチープさはないのですが、細かい部分をチェックするとやはり少し作りは荒い気がします。

ただ、装着時に耳が痛くなるなどの不具合はありませんでした。

メーカー規格内ではありますがリケーブル可能なので、断線しても本体が無事であれば引き続き使うことが出来るのはありがたいですね。

ケーブルについても付属のものよりハイクオリティなものなのはもちろん、Bluetoothに対応したものまで揃っているので、有線と無線をケーブルの交換で変更できるのは非常に便利です。

ただ、アマゾンのレビューを見ている限り、規格が同じものでも推奨している型番以外のものとの組み合わせはあまり良くないどころか音質の低下を招くようなので、適合した物を選ぶことが大事です。

記事最下部のアマゾン広告で紹介しているケーブルはこの機種に適合したケーブルとなっています。

普通のイヤホンと装着方法が違うので、画像を参考に本体とケーブルの装着を行なってください。

ケーブル事態にはLRの表記がありますが、本体側には区別する表記がないので形で判断する必要があります。

音質について

簡単にまとめると以下のようになります。

  • 解像度:非常に良好、音の分離も良い
  • 高域:絶妙な音の抜け。まさに丁度いいという感じ。
  • 中域:パワーがあり、ボーカルがしっかり前に出てくる
  • 低域:控えめ、少し柔らかめで曲全体を支える感じ
  • 全体のバランス:中域がしっかりとしたバランス型

低価格帯としては相当なサウンドクオリティ

2,500円ほどの製品としてはかなりのサウンドクオリティです。

中華製特有のドンシャリ感はなく、中域にもきちんとおいしいサウンドがあり、適度な音の分離感や解像度の高さはイヤモニの形状を裏切らない素晴らしいものです。

リケーブルによってさらに音質の向上が可能ではあると思いますが、個人的には断線でもしない限りは付属のケーブルで十分楽しめると思います。

遮音性について

30分ほどスマホに繋いで音楽を聴きながら外を散歩してみたのですが、これまで使ってきたカナル型のイヤホンよりも遮音性は高いように感じました。

車や電車の音はもちろん真横にいた珍走団(笑)の騒音がいつもより小さく聴こえたのである程度の遮音性が期待できるかと。

まあ、屋外での使用に関しては遮音性が高すぎると逆に危険な気もしなくもないので、これくらいの遮音性でも十分すぎるのではないでしょうか。

本格的なイヤモニとして

人によって意見が分かれるところではありますが、個人的には「まあ、使えるんじゃないですか?」という感じです。

試しに近所のリハスタで装着しながらドラムを叩いてみたのですが、音質も遮音性も特に問題ないですし、多少大きく身体を動かしてもイヤホンが取れる事はありませんでした。

断線に関してもリケーブルで対応できるので、急なトラブルにも対応が可能だと思います。

が、やはり本体の耐久性に関しては作りが少し雑な面も含めて不安があるので、プロレベルの現場で使うのであればやはり最低でもSHUREのSE215あたりが必須です。

終わりに

さらっと使用感を書いてみたのですがいかがでしょうか。

2,500円以内の製品なので作りがチープな面はどうしても出てくるのですが、音質に関しては5,000円以降のものと遜色ない素晴らしい力を持ったイヤホンだと思います。

スマホで音楽を聴く人であればリモコン付きをを選ぶという選択肢もあるので、お手軽価格でイヤモニを試してみたい人にも強くオススメできます。

イヤモニというとどうしてもお高い印象を持ってしまいそうですが、こんな感じで低価格で楽しめる製品がもっと出回っていけば、オーディオに関するライトユーザーの人口増加に繋がるんじゃないかな、と。

という事で今回もお付き合い頂きましてありがとうございました。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top