スポンサーリンク

【レビュー】以前から興味があったので中華製の安価な多機能スマートウォッチを買ってみた。

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

今回はスマートウォッチのレビューとなります。サンプル提供ではなく自前の購入です。

以前からスマートウォッチ自体には興味はあったのですが、アップル製を始めとした有名なメーカーのものはお高いですし、私のような無精者は近いうちに絶対飽きて使わなくなると思ったのでなかなか手を出せずにいました。

ですがアマゾンで調べてみると、中華製のものであれば安価で数多く販売されているではありませんか。

平均価格で3,500円ほどとお手軽価格でこれなら、という事で早速ポチってみました。

価格の割に多機能なので、今回はその中からさわりの部分だけではありますが、色々と試してみたので購入の際の参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パッケージ内容

スマートウォッチではなくスマートリストバンドなんですね。

でも時計機能もあるのでどちらでも良さそうな気がします。

「IMICHAEL」というメーカーのものみたいですが、この手の中華製品はOEMがほとんどなので、気にするだけ無駄な気がします。

内容はスマートウォッチ本体と日本語対応マニュアル、そしてどういうわけかスマホリングが付いています。

見た感じはかもなく不可もなくですが…

両面テープの貼り方が雑すぎて笑いました。

はみ出した部分はハサミでカットですね。

今は使っていないスマホに貼ってみましたが、機能面も含めて特に問題はありませんでした。

ちゃんと使い物になります。

スマートウォッチ本体

という事で気を取り直してスマートウォッチ本体を見ていきましょう。

見栄えを重視してスタンドにセットしてみました。

見た感じは思ったほどチープさはありません。個人的には及第点です。

ベルト部に関しては柔らかい感じで装着感は悪くないですが、耐久面としては少し心許ない気もします。

装着するとこんな感じ。

私は大柄なので腕もある程度ごついのですが、細さや小ささは感じられません。

小柄でスレンダーな女性には少し大きいかもしれませんね。

ちなみに防塵、防水性能は「IP67」に対応しています。

防塵が6級、防水が7級であることを示しています。

粉塵が内部に侵入しない完全な防塵、一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がないというかなり強固な品質ということになります。

だからといって無茶な使い方は控えた方が良いかと思います。

充電方法

充電はされていない状態なので、まずは充電です。

ベルトを引っ張ると普通にこんな感じで取り外しが可能なので2つとも取ってしまいます。

本体裏面ですが、右側だけ金属の端子のようなものがあるのが確認できると思います。

こちらの方をUSBポートに差し込みます。

こんな感じです。充電には2時間ほど必要とのことで、3日ほど持つようです。

毎日使うのであれば1、2日に一度は充電しておくのが良さそうですね。

専用のアプリが必要

スマートウォッチ本体だけでは使いものにならないので専用のアプリ(無料)を入手する必要があります。

iPhone、Android共に共通したアプリ「smart wristband 2」をダウンロードしましょう。

起動させるとBluetoothに接続の許可を求めてくるので許可をするとスマートウォッチとアプリの同期を開始します。

これが終了して初めて時計の時刻合わせが完了します。

スマートウォッチ単体では時刻合わせの手段がないので、スマートフォンとこのアプリが必須となります。

色々と設定ができるので、このアプリで各SNSとの連携の許可を出しておきます。

Facebookは放置状態なので、私の場合は上の画像のような感じになります。

ものすごく多機能

3,500円ほどの製品ではありますがものすごく多機能です。

私自身、そんなにアクティブでスポーツマンな人間ではないのですべての機能は試していませんが、最低限の機能はチェックしてみたので、そのへんについて少し書いてきます。

着信通知

通常の音声通話の着信ですが、問題なく通知がきました。

カバンにスマートフォンを入れている時は着信に気付きにくいと思うので、きちんと反応してくれるのはありがたいですね。

SNS通知

LINEに関しては無料通話の着信、トークのメッセージ着信にきちんと反応しました。

ただ、スタンプのみのものに関しては反応がありませんでした。

また、ツイッターに関しても問題なく通知が来たので十分使い物になると思います。

音楽プレーヤー・カメラのリモート

デフォルトのアプリのみですが問題なく使えました。

ただ、私の場合は音楽プレーヤーはサードパーティ製なので使うことはないでしょう。

というかカメラのリモートなんてかなり限定的な使い道ですよね。

心拍計

こちらも正常に機能しています。

本体裏のセンサーは思ったよりもきちんと計測ができているようで、とんでもない数値を叩き出すことはありませんでした。

この機能はアプリに依存していないので、本体のみで気軽に使えます。

歩数計

腕を振るか歩くかで反応するようです。

こちらも問題なく機能しています。

アプリと同期することによって、一週間分のデータを取ってくれます。

また、消費カロリーも計算してくれるようです。

終わりに

まだ試していない機能がいくつもあるので、今後も数回は記事を更新するかと思います。

中華製なので品質の面で少し心配だったのですが、一通り使ってみた結果としては十分使い物になるという判断です。

アプリと連動させなくても時計と心拍計、歩数計は使えるので3,500円の時計としても普通に優秀です。

価格帯としてはスマートウォッチの中では比較的安価な部類ですが、調べてみると2,000円以下の本当に激安なものもあったりします。

ですが、個人的にはやはり最低限これくらいの価格帯のものを選んでおくのが無難かなと。

私と同じく購入を迷っている人も結構いらっしゃるとは思いますが、使いこなしたら非常に便利なガジェットだと思うので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

という事で今回もお付き合い頂きありがとうございます。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top