スポンサーリンク

クラウドソーシングでブログ記事作成の仕事を受けるよりも自分でブログを書いた方がお金になる理由4つ

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

このブログを始めて間もない頃に「月1~5万円を目指してクラウドソーシングで稼ごう」的な記事を書いたことがあるのですが、今回はそれの真逆の内容となります。

【ネットビジネス・副業】在宅で稼ぐ クラウドソーシングサービス9選
皆様お疲れ様です。AZU(AZU@0000)です。 昨今は景気も落ち込むところまで落ち込んでしまい、底についたのかと思えばさら...

きっかけはツイッターでのちょっとしたやり取りなのですが、ブログを始めて2年以上が経過した現在では考え方も少し変わってきました。

それが今回のタイトルである「クラウドソーシングでブログ記事作成の仕事を受けるよりも自分でブログを書いた方がお金になるよ」ということなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

思いつく限りの理由を挙げてみる

理由と言っても普通に考えれば分かることばかりなのですが、それでも作業をこなせば少額でも確実に実入りがあるのがクラウドソーシングなので、続けている人もいるのではないかと思います。

ですが、確実にもらえると言っても長期的な目で見ればやはり割に合わない作業である場合が多いように感じます。

という事でクラウドソーシングでのブログ記事作成が割に合わない理由を4つほど挙げてみました

単価が安いというレベルじゃないくらいに安すぎる

2016年に問題になったDeNAのキュレーションサイト「WELQ」がメディアに取り上げられた際にキュレーターが作成した記事の単価が1件1,000円ほどと報じられていたのは覚えている方も多いかと思います。

ですが、実際にクラウドソーシングサービスでブログ記事作成の案件を確認してみると、大体は1件100円~300円というのがほとんどで、しかもこの案件ですら多少の経験がないと受けることは難しいものとなっています。

そうなると、本当に駆け出しで右も左も分からない人ができる記事作成系の案件と言えば「タスク作業」というものになり、ちょっとした口コミやアンケート、ブログ記事をテーマに沿って書く作業から始めることになります。

この場合、さらに単価は安くなり、1件20円~300円ほどとなります。しかも300円レベルの案件はやはり初心者には難しいものがほとんどなので、基本的には2桁の報酬の案件を大量にこなして小さく稼ぐしかありません。

得意なジャンルでも大量に書くというのはかなり厳しい

私の場合だと音楽やアニメ、漫画の話題を扱うのが割りと得意なのですが、だからといって一日にいくつもの記事を書くというのは相当に厳しいです。

試しに自分がものすごく好きで、「これの事なら1日中話し続けても話が尽きないやで」というものについて200字ほどでいくつ記事が書けるか試してみてください。

恐らくですが思っていたほどは書けないどころか、途中で心が折れて書く気が無くなるはずです。

ですが、クラウドソーシングでまとまった金額を稼ぐためにはこれができないとお話になりません。

時間は有限、仕事量に見合わない

前項でも触れましたが、記事作成の単価は非常に安いです。初心者はタスク作業がメインになり、報酬も1件20円~のものがほとんどです。

と言うことは、例えば1時間で800円稼ぐためには20円の案件であれば40件、30円の案件であれば27件ほどをこなさなければいけません。

そこから1件あたりの作業時間を割り出すと、20円であれば1件90秒、30円であれば1件2分と少しでこなさなければいけません。

まあ、絶対に不可能ですよね。私が試してみた結果としては、20円ほどの記事にかかった時間は約4分です。

しかもこれを大量生産となると段々とパフォーマンスが落ちてくるので、さらに稼げる金額は落ちてきます。

あと、この記事を書いている合間に久し振りに1件300円のブログ記事に挑戦してみたのですが、かかった時間は約30分ほどでした。

この場合だと一時間でこなせる件数は2件で報酬は600円となります。

まあ、何と言うか…全然割に合わないですね。

しかも資産にならない

そして当然ですが、納品した記事の権利はクライアントに譲渡してしまうので、自分の手元には何も残りません。

頑張って割の合わない作業を大量にこなしても、その時点で少ないお金を受け取ってお終いです。

その点、自分のブログに書いた記事であればそれはストックされて「資産」になりますし、修正を加えていけばいずれはある程度のアクセスが集まる記事になる可能性もあります。

アドセンスなどの広告を貼っておけば、ブログとアクセスが続く限りは薄くとも収益に繋がるので、長期的に見ればこちらの方が稼げるのではないかと。

実は私もやってました

そういう私も実は以前少しだけやっていました。

私の場合は「ココナラ」で1件500円で500文字ほどの記事を書くというものでしたが、こんなド素人にも意外と依頼はありまして、約50件ほどこなしました。

中にはおひねりで上乗せしてくれるクライアントさんもいて感謝だったのですが、時給換算するとどう考えても300円を切っていたので、割に合わないと気付いてやめてしまいました。

現在はこのブログに掲載するガジェットなどのレビュー記事作成を受ける程度にしています。

こんなド素人の書くレビューなんて絶対に需要が無いと思っていたのですが、時々依頼が来るのでバカにはできないなと思います。

終わりに

中にはタスク作業から段階的に高い案件をこなせるようになった人もいるとは思うので、私の書いていることが全てではないのですが、そういう人は割合的にも少ないと思うので、やはりブログで記事を資産化させていく方が長い目で見れば稼げるような気がします。

ブログは上手く行けばストックビジネスとして効果的なコンテンツですし、書けない日があっても蓄積した記事達が稼いでくれる可能性があるので、その間にネタを考えるなりクオリティを上げるなりの手が打てるのも精神的に楽ですね。

個人的にはブログはWordPressが良いとは思いますが、はてなブログの有料サービスなんかも人が集まりやすく、選択肢としてはこの2つが現時点ではベターかと。

私もバリバリとまではいきませんが、今後も自分のペースでのんびりとブログを続けていきたいと思いますので、今後ともご贔屓にして頂ければ幸いです。

という事で長くなりましたが、今回もお付き合い頂きましてありがとうございました。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top