スポンサーリンク

【DTM】音圧を稼ぐマスタリングの必需品!! 無料で手に入る強力なマキシマイザー5選

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

マスタリングに必要なプラグインと言えばイコライザーやコンプレッサーなどがまず思い浮かぶかと思いますが、それと同じくらい大事なのが音圧を上げて迫力のあるサウンドに仕上げる「マキシマイザー」です。

音圧戦争は多少落ち着いてきましたが、それでも今時の音圧を最低限確保するためには必須と言っていいほど重要な位置を占めています。

代表的なものとしてはWAVESのL1やL3、FabfilterのPro Lがありますが、まずはマキシマイザーがどういったものかを知るためにフリーのものを使って見ることをおすすめします。

使い方を理解した後でWAVESのものを買うのも良いですし、フリーのもので気に入ったプラグインがあればそれを使い続けるのも良いでしょう。

という事でここでは無料で手に入るマキシマイザーを紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

W1 Limiter

世界で最も有名なフリーのマキシマイザーで、WAVESのL1のコピーと言われています。

フリーのマキシマイザーと言えばコレ、という超定番の頼れる奴です。素晴らしいです。

まず間違いないプラグインなので必ず手に入れておきましょう。

■ダウンロードはこちらから

LoudMax

スレッショルドとアウトプットのみのシンプルなマキシマイザーです。

音圧を上げた際の音の歪みが気持ち少ないように感じました。使いやすいです。

これも定番中の定番なので持っておいて損はありません。

■ダウンロードはこちらから

Aradaz Maximizer

若干低域の持ち上がりが強いですがクリアなサウンドだと思います。

「MAXIMIZE」はインプットボリューム、「CHARACTER」はアタックの速度のパラメーター調整です。

■ダウンロードはこちらから

Maxwell Smart

個人的にかなり優秀だと思うマキシマイザーです。

非常に素直な持ち上がりで、使用前とのギャップが少ないまま音圧が稼げます。

CPU負荷が軽いのもポイントですね。

■ダウンロードはこちらから

TLsmaximizer

かなり古いものですが、使える環境を持っている人にとっては非常に素晴らしいマルチバンドマキシマイザーです。

パラメーターは設定できるものが多く、ダイナミクス系のエフェクトに不慣れな人だと扱いは難しいかもしれません。

リンク先の「TLsmaximizer_1-1.zip」をクリックで入手出来ます。

■ダウンロードはこちらから

終わりに

現在は64ビットの環境でDTMをやっている人の方が多いと思うので、基本的には「W1 Limiter」をおすすめします。

興味のある方は色々と試して自分に合ったものをメインにすると良いでしょう。

「TLsmaximizer」以外はシンプルな操作でガツンと音圧を上げることが出来ますが、ミックスやマキシマイザーを使う以前の状態をしっかりと整えないと、思ったよりも音圧が上がらないだけではなく、不自然な音になったり音割れが発生するので要注意です。

今後も良さげなものが見つかったら随時追加していくので、その際は再度チェックしていただければ幸いです。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top