スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギターを買う時は初心者入門用セットを買わずに単品で揃えていったほうが良い理由とオススメなど

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

今回はギターの初心者用セットについて書かせて頂きます。

初心者用セットと言えば楽器屋の店頭に置いてある2万円以下のギター(フォトジェニックやレジェンドなど)にアンプやらチューナーやらの小物が最低限~フル装備でついてくる定番の商品ですよね。

始めたばかりで右も左も分からない人にとっては最初から必要なものが揃ってしまうセット販売は非常に有り難いのではないでしょうか。

ですが、個人的にこの「セット販売」という形で購入するのはあまりオススメしていません。

という事でその辺のことについての理由なんかを書かせて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セット内容のほとんどが「安かろう悪かろう」

先程も書いた通り、セットだと一通りの小物が揃うというメリットがあります。

が、しかしながらその小物のほとんどは安価なもので構成されており、長期的に使うには品質的に厳しいものがほとんどです。

まずはアンプですが、セット販売のものは「とりあえず鳴ります」程度のものなのでそのうち使わなくなります。15,000円ほどのセットについてくるアンプなのでコスト的に仕方ないのですが、音を出す機材はほんの少し予算を上乗せした方が絶対にギターが楽しくなります。

そしてシールド、これはギターとアンプなどをつなぐ命綱のようなもので、これがダメだとどれだけ良いギターや機材を手に入れても意味がありません。

安物のシールドは音が悪いと言うよりはノイズや耐久性の面で難があり、運が悪いと新品でも接触が悪かったり断線している事もあります。

最期にチューナー、これがないとチューニングが出来ないので、シールドと同じく命綱と言えるものです。

安物は精度が悪いので、正確にチューニングを合わせることが困難になります。

できる限り普段から正しい音で練習しないと自分の耳も音痴になってしまうので、きちんとしたものを持っておきたいですね。

個人的にセットのもので長く使えそうなのって「ギタースタンド」と「ギタークロス(ギターを拭くやつね)」くらいしか思いつきません。

最低限必要なものだけを個別に買う

セット販売は色々とついてくるのですが、初心者の人がそのうちのどれ位を有効に活用できるかと言えば疑問が残ります。

それならきちんと選んだある程度のクオリティのものを長く使う方が長い目で見た時に

という事で最低限必要なものを以下の通り挙げてみました。

  • ギター本体
  • スタンド
  • チューナー
  • シールド
  • アンプ、またはそれに準じるもの
  • ピック
  • スペアの弦
  • クロス
  • ケース

それなりに数はありますが、本体以外はそこまでお金がかかるものは意外とありません。

シールドは1,000円~2,000円ほどですし、スタンドも1000円ほど、ピックは一枚100円~です。私も基本的にフェンダーの100円で買えるものを使っています。

チューナーはヘッドなどに挟むだけで簡単に使えるクリップチューナーが便利です。精度も良いですし、価格も2,000円以内とお手頃です。

弦に関しては本当はダダリオやアーニーボールあたりを使うのが良いのですが、よく弦を切る人や、まだ弦の交換でミスをする可能性がある人は安いものを使っても問題ありません。

このあたりの小物のオススメは記事の終わりにアマゾンの広告を貼らせて頂いているので参考にして頂ければ幸いです。

アンプに関して

日本の住宅事情を考えると、自宅であまり大きな音を出すのは難しいという人もいるのではないかと思います。

小さなアンプでも結構大きな音が出来るので、10W以上のものは必要ありません。

という事で個人的におすすめするアンプは「VOX Pathfinder 10」です。

6,000円で売られているかなりのロングセラーなアンプで、クリーン、オーバードライブの切り替え、ヘッドフォンでも使える便利な一品です。

軽く歪ませてコードを鳴らすと良い感じでなってくれます。

ポップス~ロック、ジャズなんかにも使えます。

私が使っているのは更に小さなもので「MARSHALL MS-2」というミニアンプです。

出力は2wで大きさも110W×140H×60D(mm)と手のひらに乗るサイズなのでどこにでも持って行けます。

クリーン、オーバードライブの切り替え、ヘッドフォンでも使えます。

電源は9V電池、ACアダプターの2種となっています。

場所を取らないので、普段はDTMデスクのモニタースピーカーの上に置いてます。

ヘッドホンオンリーでOKならこういうものもあります。

「VOX amPlug 2 AC30」という製品ですが、電池稼働の手のひらサイズで、ギターに直接繋げるものとなっています。

音はヘッドホンから出力されるので外に音が漏れません。

これなら騒音をあまり気にせずに練習ができるでしょう。

ジャンルごとに全3種で展開しているので、自分に合ったジャンルのものを選びましょう。

100均や手元にあるものも利用する

メンテナンス用品に関しては専用のものを買わなくても自宅にあるものや100均で揃えられるものがいくつかあります。

弦交換の際に使うニッパー、ドライバー、六角レンチ、その他の工具のほとんどが100均で手に入ります。

ギタークロスの代用品としてはメガネ拭きでもOKですし、着古したTシャツをボロ切れにしてクロス代わりにするのもいいと思います。

私は普段の清掃にはギタークロス、大掛かりなメンテナンス時の清掃にはボロ切れを使っています。

お金をかけるのも愛情ではありますが、消耗品において代用が効くものがあれば積極的に利用していきたいですね。

でも個人的には指板清掃用のレモンオイルは持っておいた方が良いかなと思います。

終わりに

セット販売は一見お得に見えるんですけど、メリットとしては「ギターに必要なツールってどんなのがあるか」を知ることが出来る以外はあまり無いような気がします。

教本については最低限の弾き方やコードが載っているものがあれば、あとはネットや動画などで見る方が分かりやすいです。

最近はYouTubeでギターを教えている人がものすごく多いので、自分似合いそうな人を見つけて練習してみましょう。

という事で今回もAZUにお付き合い頂きましてありがとうございます。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top