スポンサーリンク

【レビュー】2万円ほどで手に入るスマホとしてはコスパ最高のスペック?「Huawei nova lite」レビュー

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

今回は中華製スマートフォン「Huawei nova lite」のレビューです。

仕事の都合でもう一台スマートフォンが必要になったので、すぐに手に入る近所のイオンモバイルで契約しました。

本体価格は21,800円(税別)だったのですが、IIJmioだと一括支払いのみですが19,800円でも手に入るようです。

という事で素人の立場からですが、少し触ってみた感じなんかを書いてみて、少しでも購入を考えている人の参考になればいいなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペックについて

まずは「Huawei nova lite」のスペックから。

OS:Android™ 7.0

CPU:Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)

ディスプレイ:5.2インチ・FHD(1920×1080ドット)・IPS

RAM/ROM:3GB/16GB

カメラ:1200万画素(アウトカメラ)・800万画素(インカメラ)

バッテリー:3000 mAh

SIMサイズ:nano SIM×2(microSDカード使用時はSIMの2枚使用は不可)

外部接続端子:USBマイクロBコネクタ

サイズ:高さ147.2mm×幅72.94mm×厚さ7.6mm

重さ:147g

私は普段使いのスマホに「HOMTOM HT7 PRO」を使っているのですが、それに比べると格段にスペックが上です。

オクタコアのCPUに3GBのRAMとスペック上は申し分ありません。

普段の動作もアプリもゲームもサクサクであるのが容易に想像できてしまいます。

開封・内容物

 

カラーはゴールド、ホワイト、ブラックの3色展開ですが、今回はゴールドを選びました。

上品なシャンパンゴールドで、デザインも安物っぽさはなくiPhone7っぽい感じです。

 

 

付属品は充電用のUSBケーブルとコネクタ、イヤホン、SIMスロット用のピン、簡易的なスマホケースとなっています。

充電器は中華製スマホの付属品としてはクオリティが高いのでそのまま使えそうです。

イヤホンとケースはとりあえずという感じなので、好みのものを購入しておいたほうが良いでしょう。

使い心地について

ここでは「Huawei nova lite」の使い心地なんかを書いていきます。

あくまで個人的な感想なので「あ、こんな感じなんだな」程度に読み流して頂ければと思います。

本体のサイズ

高さ147.2mm×幅72.94mm×厚さ7.6mm、5.2インチなのですが、一般男性としてはちょうどいいサイズ、女性には少し大きいですが扱いにくいということも無いように思います。

私は普段5.5インチのものを使っているのですが、0.3インチの差というのは思ったよりも大きく、ディスプレイのサイズ的にボリュームを保ちながらも手が疲れにくい、非常にいい感じのサイズ感だと感じました。

通話品質

通常の音声通話、LINEの無料通話においても問題なく「非常に良好」です。

重さは147gと重くはないですが、サイズ的にも長時間の会話だと腕が疲れると思うのでイヤホンがあった方が便利ですね。

付属のイヤホンも音質は問題ありませんが、カナル型の方が耳へのフィット感が良いので別途購入するのがベターです。

ディスプレイ品質

非常に綺麗です。ゲームも動画もカメラもどんとこいです。

タッチの感度も問題なく、文字の入力やゲームのプレイ時もストレスになることはなさそうです。

ちなみに画像はデレステで久し振りにSSRが手に入ったので「Huawei nova lite」でスクショを撮ってみました。

カメラ

1200万画素を誇るメインカメラは色彩も鮮やかで、2万円台のスマホのカメラとしては破格のクオリティです。

繊細さ、色彩ともに優秀でSNSやブログだけではなく、普通にデジカメと同じ用途でも十分以上に使えるのではないかと思います。

内蔵スピーカー

普通に良いです。

若干高域が抜けてくる感じで音の輪郭もしっかりしているので動画やゲームのサウンドをバッチリ楽しめます。

イヤホン、外部スピーカー使用時の音質

こちらも問題ありません。非常に高音質です。

同じく若干高域が抜けてくるサラッとしたサウンドです。

バッテリーについて

特に消費が激しいというわけではありませんが、ヘビーユーザーであれば外出時のモバイルバッテリーは必須です。

付属の充電器のクオリティは問題ありませんが、旅行などの際に持ち出し&予備として充電器を買っておく事をオススメします。

ケース・保護フィルムについて

付属のケースは本当に「とりあえず」なのでケースの購入は必須です。

通常のケースと手帳型がありますが、好みに応じて選んでください。

私は個人的に手帳型が苦手なので通常のケースを選びました。

保護フィルムに関しては画面の割れを防ぐために必ず貼っておきたいものです。

デレステ、他のゲームをプレイしてみました

ということでハイスペックを活かしてデレステなんぞを遊んでみました。

3GBのRAMの恩恵でさぞかしヌルヌル快適なアイドルたちを堪能出来るのだろうと期待に胸が膨らみすぎて気が狂いそうです。

とりあえず新規プレイで始めてみたのですが…

ん?なんで最適な表示設定が「2D軽量」なん?「3D標準」の間違いでしょ?

まあ、とりあえずはこのままでプレイを…

あれ?なんか2Dでも画像粗くない?

後で3Dに設定したら全部解決するだろうからまあ良いかな。

おい、俺の卯月がジャギジャギやないかい。

どうやらKirinというプロセッサーは3D描写に向いていないようです。

タップの感度は問題ないのでプレイ自体は問題ありませんが、デレステだけに関しては「Huawei nova lite」を選択肢に入れるのは避けたほうが良いかもしれません。

「バトルガールハイスクール」はこんな感じなので特に問題はありませんでした。

動作もヌルヌルで非常に快適です。

その他「グランブルーファンタジー」などの2D系のゲームも特に問題ありませんでした。

終わりに

デレステに関しては少し残念ではありましたが、それ以外の通常の使い心地に関しては2万円ほどのスマートフォンとは思えないほどの素晴らしいコストパフォーマンスを誇るものであると言えるでしょう。

ROMが16GBしか無く、実際に使用可能な容量は7.5GBほどと心許ない点をSDカードで補うことになりますが、アプリのことを考えると今後はiPhoneくらいにはROMの選択肢が増えてほしいものですね。

更に使い込んで気がついたことなどを追記していきたいと思いますので時々チェックして頂ければ幸いです。

という事で「Huawei nova lite」のレビューでした。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top