スポンサーリンク
スポンサーリンク

【レビュー】3,000円で手に入る小さなボディのコンプレッサー「Donner Ulitmate Comp」を買ってみた

Pocket

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

以前に同ブランドの「Donner Giant Metal」という歪み系コンパクトエフェクターを購入したのですが、それがすごく良かったので今回はコンプレッサー「Donner Ulitmate Comp」を購入してみました。

お値段は通常は3,000円ほどですが、タイムセール中だったので2,300円ほどで手に入りました。

 

前回と同じく低価格帯とは思えない妙にクオリティの高い箱です。

ここのコストを削ればもう少し安くなって更に販売数が伸びそうな気もするのですが…

みっちりとウレタンの中に収められています。

本体は特に塗装ムラもなく、中国製にありがちな傷もありませんでした。

今回は当たりでしたがこの辺に関しては個体差があると思うので何とも言えないですね。

本体の剛性は問題ないのでライブでの過酷な環境の使用にも耐えうるでしょう。

ツマミ3個とミニスイッチ1個とオーソドックスな仕様です。

ミニスイッチでノーマル、トレブルの2種類のモードを切り替えることができます。

電源はDC9Vでパワーサプライ、アダプター必須です。

前回と同様にアンプシミュレーターのクリーン系モデリングに繋いで音を出してみました。

見た感じの印象はBOSSのコンプレッサー「CS-3」のコピーモデルなのかなと思っていたのですが、実際はかなり違うものでした。

ハイエンド系のナチュラルにかかるものとは違うのですが、だからと言って安価なコンプによくあるキツくかかって音作りがしにくいと言うものでもありません。

「程よく」というのがぴったりな感じです。ナチュラルではないですがキツくもない。

純粋なコンプというよりは「軽めのコンプ+ブースター」的な感じですね。クリーンでも歪みでも幅広く使えそうです。

私は前回購入した「Donner Giant Metal」と組み合わせてメタル系の歪みで弾いてみたのですが、ハードなサウンドがより強力になり、弾いていて非常に楽しかったです。

点数をつけるのであれば100点満点中の60~70点という感じでしょうか。

3,000円で買えるコンプとしてはものすごく優秀なものだと言えるでしょう。

という事で「Donner Ulitmate Comp」のレビューでした。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top