スポンサーリンク
スポンサーリンク

思っていたよりもまとまりのある味「日清焼そばU.F.O. 梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば」を食べてみた

Pocket

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

実はですね…私は梅昆布茶があまり好きではない、と言うか梅も昆布茶も嫌いなんです。

友人の結婚式に行った際に待合室でお茶を出していただいたのですが、その時のお茶が桜の花びらの入った昆布茶で、皆さんが見ている手前、飲まないのもアレだったので、心では血の涙を流しながら飲み干した苦い思い出があります。

いくらブログのネタとは言えわざわざ嫌いなものを口にするのもどうかと思うのですが、塩焼きそば自体は大好きなので何とかなるかな、と。

早速フタを開けて中を見ると、麺とキャベツは相変わらずでしたが、ソースがいつもと違う感じでした。

塩焼きそばなので塩ダレのソース、和風らしくきざみのり、そして梅昆布茶の要の部分である梅のふりかけ…梅かぁ…これだけかけずに食べようかなと思ったくらい苦手です。

ですがそれだとブログの意味があまりにないので腹を決めて全部余すことなくふりかけることを決意、いい年こいたおっさんがこんなことで困っている姿をどうか笑ってやってください。

お湯を捨てて塩ダレを投入、ここまでなら結構いい感じです。ですが次に投入するのは梅のふりかけ…これを投入した時点でかなり梅昆布茶的な香りが漂います。

そして刻み海苔を入れたら完成です。

うん。見た目はかなりいい感じです。気持ちキャベツが大きいのもいい。梅の香りさえ無ければ最高の見た目だ。

ということで心を殺して一口……思っていたよりも梅の味が強くない。そして単体では苦手な昆布茶もこうして塩焼きそばに混ざると全く問題ないどころか結構おいしい。

梅と昆布茶が苦手な私でも問題なく食べられる絶妙なバランスには脱帽ものですが、言い方を変えれば塩焼きそばとあまり差はなく梅昆布茶という個性は感じられないとも取れます。

昆布茶の風味が弱いので、梅風味の塩焼きそば、と言ったほうが分かりやすいかもしれません。目新しさは特にありません。

控えめな塩味は最後まで飽きずに食べられる利点もありますが、何かが足りないと感じさせてしまう面もあるので、これなら普通の塩焼きそばでもいいのかなと思ったりもしました。

あ、でも味自体は結構イケるので、食べてみて凹むことはありません。多分そのうち出回らなくなると思うので今のうちに食べておいたほうが良いです。

ということで「日清焼そばU.F.O. 梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば」のレビューでした。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top