スポンサーリンク

SNSから他人の人生の一部を見て嫉妬するのは精神的にも悪いし時間の無駄

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

ネットでニュースやらを見て回っていたらSNSに関して気になる内容のものがありました。

毎度SNSでありがちなものですが、やっぱり他人のことって気になるんですね。

日本で回収した千人分の結果によると、SNSで嫌な気分になった理由(複数回答)は「他人が自分より良い人生を送っていることを知った(結婚、子供、旅行、休暇)」が54%で最多だった。

「他人の方が良い人生」…SNSでネガティブに 日本の半数以上が嫉妬(産経ニュース)

リンク先の記事を見るとSNSと言うよりはフェイスブックのことなんでしょうね。

ツイッターもあり得なくはないですが、こういった投稿はフェイスブックの方が多いですし内容も濃い目な気がします。

見せかけのリア充はネット上においては誰にでも作れる

実際に投稿された内容をリアルタイムに見ていたのであれば仕方ありませんが、そうじゃないのであれば書かれていることすべてが真実じゃない可能性もあります。

昔から言われている「SNS疲れ」というものがあります。なぜ疲れるか、他人への嫉妬も入りますが、その逆の立場として「いかに自分は日々の生活が充実していて幸せか」というのを出来る限り誇張して頑張って書いている人もいます。

その辺については以前書いた以下の記事を参考にしてください。

Facebookをやめた方が幸せな人生を送れるというメリットが調査結果により明らかになった件について

いいね!とか別にいっぱい要らなくない?

その投稿を見ている人の共感を得た際には「いいね!」をクリックしてもらえるのがフェイスブック、最近はツイッターもそうなのですが、この数が多ければ何だか相手にしてもらえてるようで優越感に浸れるのかな、と。

頑張っていいことを書いてみたのに何日たっても「いいね!」がつかない、ついたとしても1、2個ほど…他の人の投稿を見たら2桁どころか3桁に突入している人もいたりして…俺の言うことには誰も共感してくれないの?かまってくれないの?ちやほやしてくれないの?と思うこともあるかもしれません。

ですがそんなに「いいね!」って欲しいですか?別に無くても困ることはないですよね?

承認欲求の塊みたいな人であればともかく、お金がもらえるわけでもないものにそこまで執着が湧かないというのが私の考えです。

例えば「1いいね!=1円」であれば私としてもどうすれば共感を得られるか、いいねを押してもらえるかについての戦略を練るかもしれません。

また、ビジネスでフェイスブックをやっているのであれば「いいね!」は必要だと思うので、そういう人はフェイスブックのビジネス向け講習会にでも参加すればある程度のノウハウは教えてくれるはずです。

あ、長文の方が「いいね!」は付きやすいですよ。

SNSから離れるか、それが無理ならSNSなんてやめちゃいましょうよ

この手の記事は何回か書かせていただいているので繰り返しになりますが、知人であれ他人の幸せな投稿が妬ましいと感じるのであればわざわざ見る必要なんてないです。

「臭いと分かっているのについつい嗅ぎたくなる」や「怖いもの見たさ」があるのは私もそうなのですが、目にしなければ嫌な思いもしなくて済みます。

それでもフェイスブックを開いてしまう人は「フォローをやめる」という素晴らしい機能が備わっているので、それで目についてしまう人のフォローをやめてしまえばタイムライン上に投稿が表示されることはなくなります。しかも友達の状態を維持できるのでオススメです。

それでも見てしまうかもしれないのであれば、今後も付き合いを続けたい人とはLINEかメールのアドレスでも聞いておいてSNSは退会してしまえば大元を断てるので、抜いてしまった歯のように今後はSNSのことを考えなくても良くなります。

他人の投稿なんて見るよりも自分のやりたいことやってる方が有意義だと思う

他の人が書いたSNSの投稿を見てる時間があるなら自分の好きなことや学びたいことに費やすほうが絶対に楽しいし、自分にとってもプラスになります。

私であれば音楽を作ったりブログを書いたり新しく自分にできることを探すために時間を割きたいですね。他人の日常を切り取った投稿なんて滅多なことで有益な情報は無いので。

SNSなんて自分が発信するためだけのツールとして扱えばいいのではないかと思います。

終わりです

SNSの話題といえば割りとネガティブなものが多いのですが、情報収集のツールとしてはかなり優秀で、簡易的なコミュニケーションを取るためであればこれ以上に便利なものって無いんですよね。

EメールよりもSNSのダイレクトメッセージの方がやり取りは手軽にできるしレスポンスも早い、時代によってメインになるSNSは移り変わっていますがSNS自体は今後もコミュニケーションツールのメインとして長く使われていくでしょう。

「もう耐えられない」という人はSNSをやめるのが一番ですが、工夫次第で投稿を目にすることなく連絡口としての役割を持たせることも出来るので、精神的に疲れてしまったらSNSの設定を見直してみてください。

それでは今回はこの辺で。

こちらの記事もいかがですか?

・フェイスブックなどのSNSは視野が狭くなるだけじゃなくデマの拡散の原因にもなるらしい

・「SNS やめた」で検索することの多い人は「クローズドSNS」に切り替えてみてはいかが?



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top