スポンサーリンク

「自転車向け保険」入ってますか?

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

人によっては毎日お世話になるであろう自転車での事故はここ数年でかなりの増加傾向にあります。場合によっては大きな障害が残ったり、死に至るケースもあり、賠償請求額がウン千万円から一億円という事例も多くあります。

母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は…(産経WEST)

免許制のある乗り物ではないので未成年でも加害者になる可能性があり、保護者にとってはある日突然自分の子供が大きな事故の原因となってしまい、個人では支払えないような賠償金が発生してしまうことも十分にありえます。

大阪では2016年7月から大阪府自転車条例により自転車に乗る場合には自転車保険への加入が義務化されているのですが、あまり知られていないのと、未加入者に対する罰則が現時点では設けられていないので広く浸透していない状態です。

いつ自分が被害者、加害者になるのか分からないので、自分自身や家族の身を守るためにも自転車向け保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

自転車保険について、価格など

さまざまな保険会社が自転車向け保険のサービスを取り扱っています。

個人向けのものや家族全員を対象にしたものまでさまざまなので、自身の環境に合ったサービスを選びましょう。

家族に未成年者がいる場合は、保護者を含めた家族を対象としたサービスに申し込めばOKです。

価格は会社によって、プランによって変わりますが、本人のみのもので年間4,000円ほど、家族を含めたものだと年間10,000円ほどからとなります。

ネットで調べてみると以下のものが検索上位となっていました。

・スーパー傷害保険Lite(チューリッヒ保険会社)

・自転車向け保険 Bycle(au損保)

・ネットde保険@さいくる

クレジットカードにも自転車保険を付帯可能なものがあります。JCB、VISA、イオンカードなどで安価で加入できるものがあります。

他には各自治体の市民、府民、県民共済などにも自転車向けのプランがあるのでチェックしてみてください。

安全運転を心がけましょう

こういった事故が増加している原因として考えられる一番の原因は「安全運転をしていない」からです。

最近ものすごく多いのが「スマートフォンを見ながら自転車に乗る」です。全く前を見ていない人も結構いて、そりゃ事故も増えるわなと思ってしまいます。

自転車スマホ事故800件、死亡例も4件 音楽や通話、SNS…画面に集中 11〜15年(毎日新聞)

またスピードの出しすぎや曲がり角での一時停止、タバコを吸いながらの運転などももってのほかです。お酒を飲んでから乗っている人もいるかとは思いますが、危ないので酔いが覚めるまでは押して移動しましょう。法律上の罰則はありませんが事故の原因になる可能性が高いです。

私は時々夜中に散歩に出たりするのですが、深夜になると更に危険な運転をする人が多くなります。

スマホを見ながらは当たり前で、車道を思い切り蛇行していたり、原チャリを運転している人の肩につかまって走行している中高生をよく見かけますが、あれは完全に道路交通法で双方ともにアウトです。

実際に死亡事故も発生しているので普通に考えればやるべきではないのですが、それでも見かけるということは命知らずなのかただのバカなのか…若い命をムダにしてほしくないものです。

バイクで自転車を踏切内に押し出し 元同級生死なせた16歳無職少年逮捕 兵庫県警(産経WEST)

最後に

近所でも自転車の接触事故はかなり多く、2016年ではその現場に出くわした私が2度ほど救急車を呼んだことがありました。スピードのついた金属の塊を生身の身体で受けるんですから無事で済むわけがないんですよね。

大人がマナーやルールを守らないのに子供が守るわけもなく、このまま無法地帯となれば更に重大な事故は増えていくでしょう。

ある日突然自分の家族や大事な人が自転車事故で命を落としてしまうことを想像すれば、まず「ながらスマホ」で運転なんてあり得ないんですけどね。

ですが現状を考えれば自転車保険は絶対に必要です。

被害者になれば治療費は必要ですし、重症になれば仕事にも行けなくなります。最悪、相手が保険に入っていない場合は賠償請求どおりにお金を受け取れないリスクもあるので、自身で備えておくに越したことはありません。

がん保険よりもお世話になる確率が高いと個人的には考えています。なのでぜひ現在加入している保険のプランを見直して、自転車に関する補償の確認をしておきたいものです。

自転車はルールとマナーをきちんと守って乗らないと危険なものであるという認識をしっかりと持って、一人一人が事故やトラブルを減らしていく努力が必要だと思います。

ということで今回はこの辺で。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top