スポンサーリンク

DTMerにとってSONYの「MDR-CD900ST」は必須のヘッドフォンなのか?

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。

今回はDTMerにとって必須のヘッドフォンについてです。

深夜に音が出せない時、レコーディング、ミックスにヘッドフォンは欠かせないのですが、定番となっているのがSONYの「MDR-CD900ST」です。

レコーディングスタジオに必ず置いてあるヘッドフォンなので知らない人はあまりいないのではないでしょうか。

また、その影響なのかは分かりませんが、宅録をするDTMerにも愛用者は非常に多いです。

「持ってて当然」なCD900STですが、「なぜここまで定番なのか?」もしくは「他のじゃダメなの?」とお思いの人もいるのではないでしょうか。

ということで今回は音楽制作現場の定番ヘッドフォン「MDR-CD900ST」を中心に個人的な雑文でも書いてみようかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MDR-CD900STが定番の理由

1989年に発売されてから今日までの長い間、ここまで重宝されてきたのには理由があります。

ですがそれは一つだけではなくさまざまな要素が重なった結果なので、ここではその理由的なものをいくつか挙げていきます。

修理用のパーツが常時手に入るのでメンテナンスが容易

ご存知の人も多いのですが、もともとMDR-CD900STは「業務用のヘッドフォン」です。

1995年から一般ルートでも販売されるようになったのですが、業務用であるということに変わりはないので、消耗が激しいプロの現場においてもメンテナンスが出来るように常時パーツが手に入るようになっています。

イヤーパッドやハウジング、ケーブル類はもちろんのこと、ネジも売られているので修理用のパーツだけでヘッドフォンを組み上げることすら可能です。高くつくのでやめた方がいいですが…

しかもそれがネット上で一般人でも簡単に手に入れることができます。現場での機材維持のコストが削減されるというのは非常に大きなメリットであり、パーツ供給が安定しているので安心して使うことが出来る点において他の製品よりも優れています。

レコーディングスタジオではエンジニアだけではなくプレイヤーもヘッドフォンが必須なので、一定のクオリティがあり、まとまった数を維持しやすいCD900STは何かと都合がいいと言うことですね。

ちなみにSONYでも修理受付はやっているので、自分で修理する自信がない人はお願いするのがベターです。

・MDR-CD900ST 修理受付

高域が鋭く音の粗やノイズを検知しやすい

「フラットな音で~」とレビューでも書かれているのですが、個人的にはあまりそう思わないのが本音です。

確かに全体的な音の味付けみたいなものはほとんど感じられないのですが、業務用としての役割を果たすべく、粗さやノイズが出やすい高域に特性があるヘッドフォンであるというのが私の所感です。

ミックス時には音を磨く作業としてノイズを取り除く作業も当然必要なのですが、CD900STはそこに敏感に反応してくれます。

プレイヤー側からしても高域が出ているので、演奏時にアンサンブルに埋もれないため使いやすいヘッドフォンとして重宝されています。

逆に言えばリスニングだけに使うヘッドフォンとしては音が耳に刺さるので、個人的にはあまり適していない気がするのですが、意外とリスニング用に購入する人が多いですよね。

定番なので互換性が高い

定番ヘッドフォンとして日本全国のスタジオにおいてあるので、業界人であればその特性も知っている人がほとんどです。

そのため、どのスタジオで作業をするにしても音の基準が明確になるので非常に分かりやすく、互換性が高いのも変わらず使われている理由でしょう。

日本のレコーディングスタジオと言えば「Pro Tools」と「MDR-CD900ST」がスタンダードと言われるくらいに当たり前になっています。

MDR-CD900STをメインに使っている人の場合はわざわざ自分のヘッドフォンを持ち込まなくてもスタジオに行けばいっぱい置いてあるのでモニタリングにおいて違和感を感じることはありません。

どこでも同じ音で作業ができるというのは大事ですよね。大手の飲食店でどのお店でも同じものが食べられる安心感に似ています。

じゃあDTMerも持ってた方がいいの?

個人的には「別にどっちでもいい」と思うのですが、今後、外部のスタジオでも作業をする可能性がある人であれば「一台くらいは持っておいた方がいい」という感じでしょうか。

やはり定番であることに変わりはないので、その特性を知っておくことは損ではありません。

いささか古くなってきた機種とは言え、世代交代をするにはまだまだ時間がかかると思われるので当分の間は定番で居続けることになるでしょう。

ですが定番とは言え好みの問題でもあるので、自分に合ったクオリティの高いものを選んで使う方が精神衛生上においても良いと思います。

別に定番だからと言って無理して使う必要のないものでも無いでしょうし、必要があれば自分のヘッドフォンを持ち込めば済む話なので。

海外でも定番なの?

海外でももちろんSONY製品は多く使われているのですが、日本とは違ってさまざまなものが使われていると言った印象です。

AKG、beyer、SENNHEISER、ULTRASONE辺りでしょうか…AKGが多い気はしますが、日本に比べると多様性があるのではないでしょうか。

別にどちらが正しいというわけではなく、基準となる音を理解していればどんなものを使っても問題はないですし、日本でもCD900STは定番ではありますが、アーティストやクリエーターによっては自分好みのものを使っている人が多いです。

私もメインで使うのは別のものですし、お気に入りのものであればOKだと思います。

CD900STはあくまでスタジオが扱う上でのスタンダードであるということですね。

何かオススメある?

この辺は好みの問題なのですが、私が個人的に「使いやすいな」、「いい音してるな」と思ったものを3つ紹介させていただきますので参考程度にどうぞ。

AKG K240MK2

個人的にCD900STを買うよりもこちらの方がいいのではないかと思います。音のバランス、解像度も申し分ないですし、装着感も快適です。

耳が痛くなりにくいので長時間作業も苦になりません。私は目が悪いのでメガネ必須ですが、装着時でも問題なく使えます。

SENNHEISER  HD650

非常にハイクオリティなレベルで平均的にまとまっているハイエンドモデルです。

粒立ちの細かさや透明感がありながらも温かいサウンドは素晴らしいの一言です。ミックスよりもマスタリング向けであるような気がします。

装着感もよく、持っている知人がひたすらに羨ましいです。

beyerdynamic DT 250/80

非常にフラットなバランスでありながらも解像度は高いのでミックス時には使いやすいです。

音が刺さらないのでCD900STよりも長時間作業には向いています。ミックス、マスタリングにも良いですが、個人的にはボーカルや楽器のレコーディング時に最適なのではと思います。

最後に

タイトルからちょっと内容がぶれてしまった感もありますが別にDTMerにとってCD900STが必須のものではないと言うことが伝わればそれでいいかなと。

もちろんですがCD900STは名機と言っても過言ではないくらいの素晴らしいヘッドフォンです。音の編集においてはこれ以上にものは無いのではないかと思えるくらい業務用に特化したまさにプロユースなヘッドフォンだと思います。

じゃないとただ定番だからという理由だけではこんなロングセラーにはならないですよね。

ただ、別に定番があるからと言って必ずそれを持っておかなければならないかと言えばそれも違います。

予算の都合もあるでしょうし、自身にあったものを使うのが一番です。

私はSONYでも「MDR-V6」という海外モデルをメインに使っていますし、最近は打ち込みの時に着け心地が良いので中華製のISK HD9999というモデルを使う時もあります。

自分の好きな音が分かっているのであれば定番にはこだわらずに好きなものを使ってDTMを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ということで今回はこの辺で。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top