スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ギター】どうなるローズウッド!?ワシントン条約によって全ローズウッド種が取引制限されることに!!

Pocket

100_4686-0

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

これは個人的にショッキングなニュースなので取り上げたいなと思います。

タイトルの通りなのですが、ギターの指板材として長年愛されてきたローズウッドがワシントン条約第17回締約国会議により全種の取引を制限することが決定したそうです。

2016年9月24日(土)から10月4日(火)まで、ヨハネスブルグ(南アフリカ共和国)で開催されたワシントン条約第17回締約国会議で、新たに中央アフリカのブビンガ属 Guibourtia 3種と西アフリカのプテロカルプス・エリナケウス(Pterocarpus erinaceus)とともに、ツルサイカチ属 Dalbergia 全体を附属書Ⅱに掲載することを投票で決定したというニュースが飛び込んできました。 附属書Ⅱへの掲載は、対象となる種の商業的な国際取引を管理するための措置が導入されることを意味します。

デジマートマガジン「【重要】ローズウッド種すべてがワシントン条約(CITES)による取引制限下に! 今こそトーンウッド自給自足計画を!」より

「附属書Ⅱ」ということは「すぐに絶滅の危機ではないけど制限は必要」ということなのですが、やはり数は減ってきているのだろうなと言う感じです。

ブラジリアンローズウッド…ハカランダとも言いますが、このあたりはすでに希少な材として一部のハイエンドのギターに使われていたりします。ですが将来はローズウッドそのものが高級な材木になってしまうんでしょうね。

ギブソンなんかもローズウッドの代替品としてメイプルを加熱処理したベイクドメイプルを使っています。今後は更に他のメーカーでも普及していきそうですね。

各メーカーや業者などが大量に在庫を抱えているので、今すぐにローズウッドが無くなることは無いでしょうし、取引が禁止というわけでもありません。絶滅の危機に瀕しているわけではないので、今後の取り組み次第で状況は変わっていくかもしれません。

とは言っても昔よりも確実に木材の量、品質は下がり続けているらしいですが…

ということで、2つほど気になった事があるのでまとめてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

将来的にローズウッドは高騰する?

するでしょうね。「今はまだ大丈夫」でしょうが、将来的に希少な材になることは目に見えて分かっているわけなので、個人でやっているギター工房さんだと強いコネがなければ手に入らなくなる時が必ず来るでしょう。

メイプルがまだ大丈夫そうなのでベイクドメイプルが今後のローズウッドの代わりとなりますが、音はかなり違うものになるので難しい所です。

だから今持ってるギターは大切にしましょう。特にオールローズのテレキャスターなんて金塊のようなもの(?)ですよ。

ただ、メーカーも工房もローズウッドの在庫を抱えていると思うので、すぐに価値があがるものではないと思われます。

10年…20年後には確実にそうなるでしょうが、それ以前にエボニーの方がもっと大変になっていそうな気がするのは私だけでしょうか。

ジャパンビンテージが熱くなる?

80年代の日本製ギターは材も木取りもいいものが数多くあるので、今のうちに良さげなものを見つけておくと良いかもしれません。

フェンダージャパン、グレコ、トーカイ、フェルナンデス辺りでしょうか。

ジャパンビンテージと言えど価格はピンキリであるのですが、今後は相場が上がってしまいかねません。

ローズウッド指板のネックをストックする人…がいるかどうかは分かりませんが、個人的には狙い目なのではないかなと思っていたりします。

ギターそのものとしても、パーツ取りのためとしても品質、コストパフォーマンスともに優秀なジャパンビンテージには要注目です。

80年代のジャパンビンテージのパーツのみで組んだギターが大当たりする時代がくるかも?

終わりに

古来から数多くの楽器に木が使われてきました。2016年12月現在、ネットで世界中がつながっているこの時代でもそれは変わりません。

もちろん楽器だけではなく、さまざまなものにも使われてきているので、いずれ枯渇してしまう時というのは訪れてしまうわけで…今がその入口となっているのかもしれません。

引用させて頂いた記事には「トーンウッド(楽器に使う木)を自給自足させよう」とあるのですが、木を育てるって本当に難しいんですね。

単に育てるだけでも大変なのに、クオリティも求めなくてはならないというのが難しさを加速させています。

でも、何とか頑張って頂いて、国内で自給自足出来るようになって欲しいものです。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top