スポンサーリンク

そろそろ年賀状の季節なんだけどやっぱり今年も出さないことにした

Pocket
[`evernote` not found]

ellsyuumeigiku150928507742_tp_v

11月に入って少し経ちますが、そろそろ本格的な年賀状大売り出しの時期に入りました。

兄の知り合いが郵便局員なのでこの時期になると年賀はがきの営業に来るのですが、今年は本当に1枚も買わない事にしました。

郵便局員さんのノルマのことを考えれば少し申し訳ない気もするのですが、今の自分にとって年賀状は必要なくなってしまったので…

ということで年賀状を出さないことにした理由をいくつか挙げてみることにします。

・住所がわからなくても出せるサービスに意味を感じなくなった

ネット上で仲が良くなった人に対して年賀状を出したいけど住所がわからない、でもそのために住所を聞くのも気が引ける…そんな人のために便利なSNSやEメールだけで年賀状が送れる「ウェブポ」というサービスがあります。

52円のはがき代に印刷代78円~でウェブ上のみですべての作業を完結させることが出来ます。1枚あたり130円と割高ではありますがSNSのアカウントかメールアドレスさえ知っていれば相手の住所に年賀状を届けることが出来ます。

私も一時期はウェブポやそれ以前は「mixi年賀状」などを利用していました。ですが、住所を知らない人にSNS経由で送ることにどれくらいの意味があるのか…そのことをものすごく考えてしまうようになってしまいました。

住所を知らない人に送る際には、相手に私が年賀状を出したいという連絡が行き、それを許可した際に相手が自ら自分の住所を入力することで年賀状が届くようになっています。

当然といえばそうなのですが、自分に届く年賀状の住所を自分で入力する…これって何だか虚しくないですか?送るのはアナログなはがきなのに心がこもっていないといいますか、事務的というか…こちらの都合で相手の手を煩わせてしまうことが何だか申し訳なく感じてしまうようになりました。

・相手の負担になってしまうから

これは「お金」の面ももちろんですが「時間」においても相手の負担になってしまうという考えです。

一枚52円とは言え、塵も積もればなんとやらで印刷にかかる費用も考えるとバカには出来ない金額になる人もいるでしょうから、私においてはそういったものは不要であるということを行動で示しておくのが良いのではないかと。

また事務的な年賀状であったとしても、出していない人から届いた際にはお返しをする必要も出てくるので、その辺も色々な意味で負担となってしまいます。

年末は皆さん忙しいでしょうし、年始はゆっくりしたいでしょうから。

あ、もちろん私も同じです。

・SNS、メール、ブログがあるから

ネット上でつながっている人においてはこれらのツールで新年の挨拶をする形で十分だと思います。

SNSにおいては全体的に「あけましておめでとうございます」でOKですし、必要に応じてメールで挨拶しておくだけで十分なのではないでしょうか。メールの方も「返信不要」の旨を添えておけば気を使わせてしまう必要も無いですし。

私は簡単にSNSとブログあたりで済ませておこうと思っています。

・最後に

最近は会社などの組織内においても個人情報や虚礼廃止によって年賀状を出さなくても大丈夫な所が増えてきています。普段毎日会う人に対しては仕事初めの際に対面で新年の挨拶をすれば良いだけの事ですよね。

郵便局員さんの年賀状販売ノルマは1万枚と聞いています。しかも全て売れないとなると金券ショップに安く売り、差額の負担は自分で抱え込むという自爆営業が習慣化しているようです。年賀状を売りたい気持ちはわかりますが、こんな話が社外の人間の耳に簡単に届いている状態というのは異常であるという認識を持っていただきたいです。

ですが、本当に大切な人からの手紙というのは嬉しいものですよね。印刷ではなくその人の手書きの文字で心を込めて書かれた手紙はいつまでも手元においておきたい、そういう気持ちはもちろん私にもありますし、手元に残しているものもあります。

ある意味、どんな金銭的な価値のあるものを上回る場合があるのが大切な人からの直筆の手紙です。これは間違いありません。

時代が変われば年賀状に対する意味や価値観も当然変わってきます。今の時代は特にネットが当たり前のインフラとして定着し、古い習慣もそれに合わせて変化してきてします。日本郵便さんもいつまでも年賀状にこだわらないで今の時代に合った新しい商品、サービスを企画、提供していって欲しいなと思います。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top