スポンサーリンク
スポンサーリンク

教典にしか見えない?12巻分が1冊にまとめられた「DEATH NOTE 完全収録版」

Pocket

deathnote12

アニメ、映画、ドラマと幅広く展開し、しかもそれぞれで成功を収めた数少ない作品「DEATH NOTE」ですが、この「DEATH NOTE 完全収録版」は原作コミック12冊分+読み切りの2400ページを一冊にまとめた究極の愛蔵版となっています。

愛蔵版で多いパターンとしては2、3巻分を1冊にまとめて出版という感じなのですが、12冊をまとめたものというのは私はこれが初めてです。

読みやすさはどうなのでしょうか。と言うよりは重いので手に取って気楽に読むというのは難しいでしょうね。12冊分の厚みと重さがあるのでちょっとした鈍器です。ファイナルファンタジーの学者を思い出してしまいました。

でも見た目のインパクトは半端ないですし、内容自体は折り紙つきの面白さなので1冊くらいは持っていてもいいのかな、と思ったり思わなかったり。

個人的にはLが死ぬあたりまでが面白かったなと。でも後半のライトが見苦しくあがいた後に死んでしまうシーンなんかは悪が滅するシーンとしてはかなり秀逸だと思います。

私は普段ジャンプコミックス系の作品はあまり読まないのですが、デスノートだけはかなりハマりました。純粋な作品の面白さで言えば、この作品を超えるものというのはなかなか無いでしょう。

欲しいと言えば欲しいのですが…場所取るし単行本は持ってるしでなかなか決断しにくいです。でも持っておいた方がいいような気も…

価格としては2,700円と比較的お安いのですが…皆さんはどうでしょうか。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top