スポンサーリンク

100均で売ってるヘッドフォンってどうなの?と言う個人的な疑問を解決すべくキャンドゥのヘッドフォンを買ってきて検証してみた

Pocket
[`evernote` not found]

cimg4453

100均って便利ですよね。私は主にデスク周りの小物や収納などで利用することが多いのですが、アイデア商品も多くて非常に役に立っています。

短期的に必要なものに関しても低価格で素早く手に入れることができるので、生活において無くてはならない存在だと言えるでしょう。

そんな100均ですが、これまで絶対に手を出してこなかったものがあります。

そう、今回のお題でもある「ヘッドフォン」です。

私自身は物に対して高級志向でも何でもないのですが、安くてもせいぜい980円くらいのものじゃないと厳しいのではないかな、と言うのが本音だったりします。

でも少し興味が湧いてきたので買ってきました。

cimg4439

皆様おなじみのキャンドゥで売っているものです。もちろん108円(税込)です

コードの長さは1.5mあるので不便な感じはしません。

cimg4449

手にした質感としてはかなり頼りなさげです。100円で売られているので製造コストのことを考えると仕方ありません。

細いフレームが心細さを感じさせます。

装着するとこれまた頼りない感じ。フィット感もよくありません。ただ、締め付けもゆるく、ものすごく軽いので楽といえば楽です。小さな子供であればフィット感もまた変わってくるのかもしれません。

今回は100均ヘッドフォンの他に比較するものを2つほど用意しました。

cimg4451

私が普段iPhoneで音楽を聴く際に使っているイヤホンです。

オーディオテクニカの「ATH-CK323M」という2000円以下のもので3年ほど使っているのに壊れる気配もないありがたい一品です。

RP-HTX7 700

もう一つはウチでほとんど出番がない状態で部屋の片隅でひっそりと余生を過ごしているパナソニックのヘッドフォン「RP-HTX7」です。

殆ど使われていないので古い機種にも関わらず状態は極めて良好です。

流石に普段DTMで使っている「MDR-CD900ST」や「MDR-V6」と比べるのはアレな気がしたので今回は見送りました。

リスニング環境としては、DTMで使っているオーディオインターフェイスを通した場合、PCのイヤホン端子に直接挿した場合、皆さんが動画やゲーム、音楽を聴く機会が多いであろうスマートフォンで検証してみました。

結果としてはだいたい同じような感じだったので、以下にまとめてみました。

音の解像度:ATH-CK323M>RP-HTX7>キャンドゥのヘッドフォン

全体的バランス:ATH-CK323M>キャンドゥのヘッドフォン>RP-HTX7

低域:RP-HTX7>ATH-CK323M>キャンドゥのヘッドフォン

中域:ATH-CK323M>キャンドゥのヘッドフォン>RP-HTX7

高域:ATH-CK323M>キャンドゥのヘッドフォン>RP-HTX7

あくまで個人的な感想ですのでご了承ください。

ですが、意外と100均のヘッドフォンは悪くないというのが検証した結果です。

着け心地はあまり良くないし、コードの耐久性も心許ない、低音に関しては完全にスカスカ…でも全体的に見ればまとまりは良かったりします。

人の声が入るもの、ボーカル曲やナレーションと言ったリスニングに関しては比較的良好で、スマホのコンテンツで用いるのであれば悪くないのではないでしょうか。

ただ、見た目はあまりよろしくないので、出来れば自室での使用に留めておいた方がベターですが、「そんなのにこだわりはないよ?」って人であれば音漏れにさえ気をつければ大丈夫だと思います。

出先でスマホの音が出せない、手持ちのイヤホンがない時に近場の100均に頼るのは一つの方法として考えても良いでしょう。

100均のヘッドフォンもバカにできないものですね。そんな感じ。

ということでいかがだったでしょうか。最近のブログ記事がプラグインやらサンプルパックの情報ばかりだったのでこんな感じの記事を書かせていただきました。

100均のヘッドフォンはたしかに悪くはないのですが、耐久性や買い替えのことを考えると大手のメーカーの2000円~3000円くらいの価格帯のものを購入して長く使う方が良いというのが私の個人的な意見です。

もちろんメーカー、機種によって聴こえ方はかなり変わってくるので大手量販店などで試聴をしてから選ぶことが大事です。

100円、気軽な金額ではありますが大事なお金です。100円あればスーパーでペットボトル飲料やおにぎりが買えてしまうので、安物買いの銭失いにならないように用途をしっかりと考えて利用していきたいものです。

それでは今回はこの辺で。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top