スポンサーリンク
スポンサーリンク

【レビュー】「ふだつきのキョーコちゃん」を全巻読んだので感想でも

Pocket

71dwGPIJbiL

「からかい上手の高木さん」で有名な山本 崇一朗氏の作品ですね。

どういうわけかキョンシーな妹の札月キョーコとその秘密を守るために学校で絶対的恐怖の存在であり続ける兄の札月ケンジの日常+ちょこっとラブコメな全7巻です。

キョンシーと言うのもなかなか懐かしい響きなのですが(歳がバレちゃう)中国の妖怪で血を吸ったりする吸血鬼に近い存在です。

キョーコは食事が出来ないので、その代わりにケンジの血を吸って生きています。

血の味をまずくしないためにもケンジの食事には日々気を使っており、非常に料理上手な設定となっています。味見ができないのにすごいもんですね。

髪をまとめているリボンはお札の役割を果たしており、これが外れてしまうとキョンシー化するだけではなく、普段はツンツンしているキョーコがものすごく素直で思ったことを全部口にしてしまうデレデレな妹になってしまいます。

普段のクールなキョーコも可愛いのですが、キョンシー化した時のケンジの首筋に涙目でかじりつきながら甘える姿は非常に庇護欲をそそります。だからと言って放置しておくと大量に血を吸われて死んでしまうのでしょうが…

こんな二人ですが純粋な兄妹愛(多分)で結びついており、恋愛感情がない普通の関係なので見ているだけでほのぼのとします。

「高木さん」と同じく非常に良作ではあるのですが…ちょっと残念な点があるとすれば、「からかい上手の高木さん」が現在大ヒットしているため、そちらに力を注ぐためでしょうか…これから話が広がりそうな空気を残したまま7巻で早足と言っていいほどの流れで終わりを迎えてしまいました。

それでもキョーコの友人であるヒカリの恋には決着がつき、ケンジの想い人である日々野さんとは思いが通じ、付き合い始めたという点では押さえるべきところはきちんと押さえているので後味の良いエンディングではありました。

私個人としては「高木さん」と同じレベルで良い作品だと思うので、ぜひ一度手にして欲しいなと思います。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top