スポンサーリンク

中古楽器を購入する際の幾つかのポイントを知っておけば失敗のリスクもある程度は防げる

Pocket
[`evernote` not found]

file1561246251481

皆さんは楽器を購入する時は「新品」と「中古」どちらを選びますか?

初心者の人であればほとんどは新品のものを選ぶことが多いかと思います。新品であれば初期不良のを除けば基本的には間違いのないものが手に入るからです。

また、メーカーの保証があるという点においても心強いですね。

シンセサイザーなどの電子楽器であれば自分で修理なんてまず出来ないでしょうから保証があるに越したことはありません。

ですが中古には中古の大きなメリットがあります。

もちろん場合によってはニセモノをつかまされたり、買った直後に致命的な欠陥が見つかる可能性も新品のものに比べるとかなり大きくなってしまいます。

ということで今回は中古楽器のメリットとデメリット、購入の際のポイントについて少し書いてみようと思います。

どこで中古楽器を購入するか

Unicode

中古の楽器は実にさまざまなところで販売されています。

大まかには「実店舗」か「オンラインショップ」かの違いです。

そして販売されている場所やサービスによって買い手側に知識や経験が問われるので、自分に合った所で購入することをオススメします。



■楽器店

ここは初心者でも比較的安心して購入することが出来るでしょう。

何せ楽器の専門店なので店によってさまざまではありますが、最低限のコンディションは必ずと言っていいほどにキープされています。

店員さんも知識があるので楽器選びも手伝ってもらえます。

価格帯としてはここで紹介する中では比較的高めになりますがリスクは非常に小さく、市場価格に沿った価格設定なのでデタラメな値付けはまずありません。

■リサイクルショップ

リサイクルショップなので楽器だけではなくさまざまなものを取り扱っているのですが、面白いものが流れてくることがあるので、近所にリサイクルショップがある人は是非チェックしてみてください。

大手であれば相場とあまり変わらない価格なのですが、ごく稀にとんでもないものが相場より大幅に安い価格設定の時があります。もちろん逆の場合もあるので要注意です。

また楽器専門のスタッフさんが必ずいるとは限らないので、知り合いに詳しい人がいる人におすすめの選択肢となります。

■楽器店のオンラインショップ

大手であれば状態においての信頼はありますが、最大の欠点として「実機に触れることが出来ない」点があります。

初心者にはあまりおすすめ出来ませんが、楽器に詳しい知識があれば楽器屋に行かなくてもさまざまな店舗の在庫を見ることができるので選択の幅はかなり広がります。

実店舗よりもリスクは多少上がりますが、老舗や信頼できる店舗であればハズレをつかむ確率はかなり低いので、自身の行動範囲内に楽器店がない場所に住んでいる人にとってはかなり頼りになるでしょう。

■オークション

オンラインの中古市場の中では飛び抜けて掘り出し物が見つかるのがオークションです。

有名どころではヤフオク楽天オークションメルカリあたりでしょうか。

利点としては楽器店のオンラインショップの相場よりも安く楽器を手に入れることができる点と、個人の出品がメインなので本当に珍しい楽器が出品されていることも珍しくないので面白いものを手に入れることができるかも知れないという点です。

ですがハズレを掴んでしまう確率もかなり大きくなってしまうので、初心者のみでの参加はあまりおすすめ出来ません。

私も一回だけですが大ハズレを掴んでしまったことがあります。

中古楽器のメリット・デメリット

file0001971521086

中古楽器は名前の通り、「一度誰かの手によって使われたもの」なので状態としてはさまざまです。新品の楽器よりもメリットとデメリットの落差が激しく、難しい点も非常に多いのが現実です。

ここでは中古楽器のメリットとデメリットを幾つか挙げていきますので参考にしていただければ幸いです。

■メリット

・新品よりも安く予算内で1ランク上のものを手に入れることが出来る

・かなり珍しいものが見つかる場合がある

・現在のものより木材の質が高い場合が多い

・状態が良ければ弾きこまれている分、新品よりもよく「鳴る」ものが多い

こんな感じでしょうか。

当たり前ではありますが、ビンテージの高価なものでもない限りは基本的に新品よりもお安い価格設定になっています。

例えば予算が5万円とすれば、新品で選ぶものよりも価格帯が上のものも選択肢に入れることができるので、より上質なものを手に入れることも可能です。

また、中古市場というのは探せば探すほどに変なものや珍しい物に出会えます。

今となっては消滅してしまった機種やブランドのものを手にすることが出来るのも中古市場の面白さでもあります。

木材においては低価格帯のものでもない限りは今の木材よりも上質なものを使っていることが多いです。

近年は焼いたり染めたりして色を変化させているものも多く、本当に上級機種でもない限りは良い木材は使われないようになってきました。

そして中古楽器は一度誰かの手に渡っているものなので、そこで長年演奏されたことにより新品に比べて鳴りがいい場合があります。

■デメリット

・キズ、塗装欠け、日焼け、黒ずみ、サビ、その他の使用感などがある

・中古特有の楽器のコンディションとして前所有者の癖が付いている

・さまざまな点で消耗しているのでメンテナンスの知識が不可欠

・メーカーが消滅している場合は保証がない

デメリットとしてはこの辺りでしょうか。

中古楽器なので当然使用感は避けることが出来ません。

ものによっては「新古品」レベルのものもありますが、大体はある程度の使用感があるのが前提となっています。

ビンテージなんかでも多いでしょ?本当にボロボロなやつとか。

ボロボロは滅多に無いとしても中古である以上、新品の綺麗さは求めることが出来ないという点は頭に入れておいたほうがいいと思います。

レリック加工(使い古した感じになるやつ)が好きな人は全く問題無いです。

また、前オーナーの癖などが付いてしまい、少し扱いづらい場合もあります。

改造や修理によって元々のものとは少し違ってしまっていることもしばしばあります。

コンディションにおいても新品と違い、手にした時点である程度使われているものなのでメンテナンスの知識は「ある程度」必要になります。

メーカーが消滅している場合は問い合わせもできないので、基本的に自己責任で取り扱う必要があります。

購入の際のポイント

CB8PFQR6E9

メリット、デメリットを踏まえた上でそれでも中古楽器を選択肢に入れる場合のポイントをまとめてみると下記のようになります。

・出来る限り実店舗で実物に触れる

・納得がいくまでスタッフから聞きたいことを聞いておく

・目利きに自信がない人は必ず詳しい人を連れて行く

・自身のメンテナンスの知識と腕を磨く

ネットショップも便利なのですが、やはり楽器は手に取ってみないと分からないことが多いです。写真だけでは細かい部分の状態も把握しにくいので、出来れば実店舗で触ることが出来るのが一番です。

写真では取りきれなかったキズや塗装欠け、楽器そのものの状態を確認できるメリットはとても大きいので、自身の行動範囲内に店舗があるのであれば是非足を運ぶことをオススメします。

そこでスタッフさんに更に詳しいことを聴けると思うので、購入した楽器とのミスマッチを防ぐことも出来るでしょう。

自分の知識にあまり自信がない人は知り合いで楽器に詳しい人を連れて行くと非常に便利です。

精神的な心細さも解消するので楽器屋巡りをするのも楽しくなります。

楽器のメンテナンスに関しては書籍やネットなどで知識を深めていく必要があります。

中古楽器は新品に比べるとどうしてもメンテナンスの回数も多くなってしまうので、自分で出来る限りカバーしておきたいものです。

最後に

guitarduo-0000

色々と気をつけるポイントはあれど、個人的に中古楽器はかなり好きだったりします。

私はオークションでギターを物色するのが趣味なのですが、本当に面白いものが転がっていることがあり、見ているだけでも非常に楽しいです。

ビザール系のギターをインテリア目的で欲しいなと思ったりするのですが、やはり音楽を作っている身としては実用的なものを優先してしまいます。

あと、時々ですが近所のリサイクルショップで少し状態にわけありなギターやベースを格安で買ってからリペアして使えるようにしたりすることもあります。

その後は大体オークション行きか知人の手に渡るかなんですけどね。

まあでも中古市場というのはさまざまなメリット、デメリットがありながらも非常に楽しいものなので、中古品であることに抵抗がない人はぜひぜひ目を向けてほしいなと。

失敗も色々とあったりしますが、それも知識として蓄積されていくので勉強になります。

ということで今回はこの辺で。





【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top