スポンサーリンク

ギターが弾けなくても演奏可能?な「MI Guitar」があれば誰でもギターが楽しめるっぽい

Pocket
[`evernote` not found]

guitar mi

ギターが全く弾けない人でも演奏できてしまう「MI Guitar」を紹介します。

あ、ちなみにソースはGIGAZINEさんですよ。

それにしても海外はこの手のガジェットが本当に好きなんでしょうね。

ということで動画でも見てみましょうか。

思ったよりも音が良くて驚きです。もっとおもちゃっぽいチープな音を想像していましたが、いやいやさすが今の時代にもなるとクオリティは高くなるものなんですね。

きちんと「アンプに繋いだエレキギターの音」が出てると思います。

Main_2x_hjlqpt

ギター全体のデザインはこんな感じです。

弦が張ってあるわけではなく、ネック側は6弦×フレット分のボタン、ボディ側はピッキング専用のコントローラーになっているという感じでしょうか。

ネック側のボタンはギターのコードのように押さえるのではなく、1つのボタンを押さえてピッキングすればコード音が鳴るという仕様です。

なるほど、普通にギターを弾くよりはかなりハードルが下がりました。

でも、こういったギターのデザインを見ると…

Z6SButt-1000x800

これを思い出してしまいます。

ちなみにこれはSTARR LABS社「ZITAR」という楽器です。

お値段もお高めで演奏もなかなかにテクニカルさを要求されるのでMI Guitarとはまた違ったものです。

ちなみにBUCK-TICKの今井寿さんが大昔ですがこれのカスタムモデルを使っていました。

興味があればサイトでも覗いてみてください。

話を戻しましょうか。

とにかくMI Guitarがあれば長い時間の練習は必要なく、気軽にギターを弾きながら歌ったり出来てしまうというわけなのです。

個人的にメリットを挙げるとすれば、本物のエレキギターとは違い「メンテナンス」や「チューニング」の必要がないという点でしょう。

ギターは弾くのが難しいのもあるのですが、チューニングを合わせたり、コンディションを維持するためのメンテナンスは欠かせません。木で作られているので気候や環境にも左右されます。

ですがMI Guitarは基本的にはそれらの要素はなく、すべての面において「気軽に扱える楽器である」ように思います。

音も割といい感じなのでパーティーシーンだけではなく、ライブなどでボーカルが歌いながらストロークする際のギターとしても十分機能するのではないでしょうか。

デメリットをあえて挙げるとするのであれば、「ギターが弾けるようになったわけではない」という点と「本物のギターほどの自由さがない」という点かな。

当たり前ですが、ボタンを一つだけ押さえながらストロークというのは本物のギターとは全然違う奏法です。もちろんそういったコードもありますが、基本的には最低2本の弦でパワーコードを押さえる必要があります。

なのでMI Guitarが使いこなせるからといってギターが弾けるようになったわけではないということ。

また、ギターはストローク以外にも様々な演奏表現がありますが(チョーキングとかタッピングとかね)そもそもネック側はボタンなのでそれは不可能です。

見る限りはあくまでコードストロークをメインとしたものなので、それ以外のことに関しては自由さがかなり制限されてしまいます。

まあ、でもそれを踏まえた上でも音やメンテナンス性、難易度などにおいての恩恵は計り知れないものがあるように思いました。

単なる「ギターもどき」とは一線を画するものだと言えます。

MI Guitarはクラウドファンディング「Indiegogo」にてすでに製品化が決まっている状態です。価格は319ドルほどとなっており、現在はアメリカ国内のみでしか入手ができないようですが、いずれ海外にも発送可能になるということなので、今日にがある人は是非チェックしてみてください。

この手のものって日本ではあまり作られることがないのでレアなガジェットなのではないかと思います。

■MI Guitarの詳細についてはこちらから

GIGAZINEでの紹介記事へはこちらから





【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top