スポンサーリンク

【無料】フリーのmoog系プラグインと言えば「MiniMogueVA」がものすごく使いやすい

Pocket
[`evernote` not found]

MinimogueVA2

分厚いアナログシンセの代表格といえばmoogですが、フリーで入手出来るものとしてクオリティの高いプラグイン、「MiniMogueVA」を紹介します。

まず見た目は木目調のパネルなども実によく再現されています。

音とは関係ないかもしれませんが、やはり見た目は非常に重要で、創作意欲にも関わってきます。

また、見た目だけではなく、「モノフォニック←→ポリフォニック」の切り替えができるので、音作りや使用箇所の幅も広いのが特徴です。

動作も軽いので複数の立ち上げにも優しく、トラック数の必要な楽曲制作にも十分対応できます。

私の個人的な使い道としては、立ち上げて一番最初の「0番のリード」をポリフォニックに切り替えて歌モノ制作の際のメロディラインとして使うことが多いです。

音に存在感があるのでオケに埋もれず、それでいて他の音の邪魔にならないあたりがものすごく気に入っています。

実はArturia製のmoog系プラグインは持っているのですが、こちらのほうが何かと使いやすいのでこればっかり使っています。

あとは、以前制作した楽曲「Fantasymoon」の間奏部分のリードなんかにも使ったのですが、リバーブを気持ち強めにかけて弾くとものすごくいい感じでした。

古いプラグインなので、WINDOWSのみの対応で32ビット版しかありませんが、moog系のVSTプラグインとしては非常に優秀なので、まだ持っていない人は是非使ってみてください。

■ダウンロードはこちらから

こちらの記事もどうぞ!!

・DAWの記事はこちらから

・ソフトシンセの記事はこちらから

・プラグインエフェクトの記事はこちらから

・サンプルパックの記事はこちらから



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top