スポンサーリンク
スポンサーリンク

【おすすめ】DTMで音楽制作を始める人に贈るDAWソフト5選

Pocket

DTMによる音楽制作は人によってさまざまなソフトが使われています。

今回はその中から私が実際に使ってみたもの(体験版含む)で良かったものを5つほど選んでみましたので、初めてのDAW選びや新しいDAWへ乗り換えの際の参考にしてみてください。

FL STUDIO

FL STUDIO TOP
EDMなどのダンスミュージックを制作するアーティストに人気のあるDAWです。

独特の操作性を持ち、他のDAWとは操作感が違います。見た目も非常にカッコいいです。

小さなパーツを組み上げて構築していく感じとでも言いましょうか…非常に個性的なソフトです。

最新のバージョンではオーディオデータとの連携もさらに強化され、DAWとしての形が整ってきました。

ダンスミュージックを制作する人に愛用者が多いのですが、もちろん普通のポップスも問題なく制作できます。

私も最近このソフトに完全移行しました。オーディオ周りも非常に快適です。

海外にファンの多いDAWでしたが日本でもユーザーが増加傾向にあります。

ACID

ACID MUSIC TOP
ループシーケンサーの先駆者とも言えるソフトです。

上位版の「ACID PRO」はバージョン7で開発が止まっているようですが、「ACID Music Studio」はDAWとしては価格もおどろくほど安く(1万円以下!)VSTももちろんサポート。

この価格でVST、VSTiをサポートしているソフトが手に入るというのは正直かなり驚かされます。

初心者でも分かりやすい操作感で制作も捗るのではないでしょうか。

ACIDシリーズは私が初めて手にしたDAWでもあるので愛着があります。

操作感は問題ないのですが、見た目は一昔前のソフト感が否めません。

また、やはり他のDAWよりも機能面で差がついている点もあります。

それでも価格を考えれば相当なすぐれものだと私は思います。

ループを活用したいコンポーザー、ギタリストやボーカル、歌い手の人に最適なソフトです。

Cubase

CUBASE TOP
世界で相当のユーザー数を誇る老舗のDAWです。

国内ではPRO TOOLSと二分する勢力のあるDAWですね。

ユーザー数が多いので書籍、ネット上を問わず情報が得られる心強さがあります。

「Perfume」や「きゃりーぱみゅぱみゅ」のプロデューサーである中田ヤスタカ氏も愛用しています。

打ち込み、オーディオ録音をマルチにこなし、操作感も非常に良好です。

付属のプラグインも恐ろしくクオリティが高く、ボーカロイドとの相性も抜群です。

最上位版のPROには「VariAudio」といったボーカルピッチを編集できるソフトがデフォルトで実装されています。

5万円代のソフトですが、内容としてはそれに見合う最強のソフトのひとつです。

PRO TOOLS

PRO TOOLS TOP
「世界のスタンダード」と言っても過言ではないくらいに世界中のスタジオで導入されているDAWです。

録音の際のクオリティが非常に高いのが特徴で、オーディオデータの扱いに関しては世界最強のソフトだと言えるでしょう。最近は打ち込みの機能面も強化され、複数のDAWで制作していた人がPRO TOOLS一本に移行するケースも増えています。

また、ほとんどのスタジオで導入されているので、自宅で作ったデータをそのまま持ち込めるメリットもあります。

価格帯としては一番高いものでレコーディングスタジオに置いてあるもので100万近くするものから、「Mbox」といったオーディオインターフェイスにバンドルされている10万円ほどのもの、最近では無料で手に入る「Pro Tools | First」などのラインナップがあります。

楽曲制作、ミックス、マスタリング、音声編集と分野を問わない名前通りのプロの仕事道具です。

STUDIO ONE

STUDIO ONE TOP
ここ数年で飛躍的にユーザー数を増やしている新たなスタンダードDAWといった存在感があります。

Cubase同様にジャンルを選ばない万能型のDAWです。

元Cubaseのエンジニアが作ったソフトなので似ている所が色々とあるのですが、より洗練されている印象を受けます。

また、PCに対する負荷がCUBASEに比べると若干軽いと感じました。

マスタリングにも最適化されており、DDPで書き出すこともできるのでマスターの作成に非常に便利です。

コンポーザーからミックス、マスタリングエンジニアまでをガッツリとサポートしてくれます。

今後のことを考えると、個人的にものすごくオススメのDAWです。

最後に

こんな感じで5つほど紹介させていただきましたがいかがでしょうか。

他にも「SONAR」や「SAMPLITUDE」と言った高性能なDAWがありますが、解説本の数やネット上の情報量を考慮した結果、今回のものとなりました。

乗り換えの人はともかくとして、初めての人にとってはどんなソフトでもある程度の難しさというものはあるのですが、それを乗り越えてからの曲作りは本当に楽しいものです。

私は現在のメインのDAWはFL STUDIOなのですが、自分に合うものを選ぶと曲作りのスピードはものすごく向上します。

ぜひぜひ皆さんも自分にぴったりなDAWソフトを見つけてくださいね。

こちらの記事もどうぞ!!

・DAWの記事はこちらから

・ソフトシンセの記事はこちらから

・プラグインエフェクトの記事はこちらから

・サンプルパックの記事はこちらから





【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top