スポンサーリンク
スポンサーリンク

「SNS やめた」で検索することの多い人は「クローズドSNS」に切り替えてみてはいかが?

Pocket

Tiring-

うちのサイトも一応なのですが「アクセス解析」なんていうものを導入しておりまして、皆様がどのようなキーワードでアクセスしているかというのを時々なのですがチェックしていたりします。

その中でも結構目立つキーワードは…

「SNS やめた」

「フェイスブック やめた方がいい」

「フェイスブック やめた人」

上記の3つが非常に多いです。「スタバ 勉強」といい勝負です。

「フェイスブック」が多いのは単に現在のSNSにおいて最大手がフェイスブックであるというだけだと思います。

5年以上前であれば「ミクシィ」に置き換えられて検索されていたのではないかと。

上記のキーワードで検索するとウチの記事では以下のものにヒットします。

■Facebookをやめた方が幸せな人生を送れるというメリットが調査結果により明らかになった件について

内容を見ていただければ分かるとは思いますが、「SNS疲れ」について書いています。

まあ、「SNS やめた」で検索している時点でSNSに対してある程度のストレスが溜まっている状態のはずなので、まずは毎日SNSにログインするのを控えるところから始めてみてはいかがでしょうか。

私はフェイスブックは放置、ツイッターを少し扱う程度にしてから精神的には結構楽になりました。

私個人に用事があるのであればメールやメッセなどをいただけると思うので、気が向いた時以外は積極的に使わないようになりました。

こんな感じで自分にとって「適切な間合い」を取ることによって改善できる点もあるかと思います。

 icon-hand-o-right 「クローズドSNS」を利用する

ですが、「少人数の親しい人達とだけはやり取りをしたい」という人もいると思います。

そういった場合は少人数、しかも閉鎖的な空間での利用が可能な「クローズドSNS」を利用してみてはいかがでしょうか。

名前の通り閉鎖的な空間で利用できるSNSなので、気心の知れた友人や共同作業をする仲間との交流が気楽にできる魅力があります。

Path
path top
2010年頃からサービスが開始されたアメリカのSNSです。

シンプルなUI、友だち登録できる人数は150人と限定されています。

この150人という人数は「安定した社会関係を築くことのできる集団の人数の限界が150人であるから」とのことです。

最近少し興味があるので登録だけでもしておこうかと思っています。

 icon-hand-o-right 終わりに

さまざまな人と繋がれることがSNSの魅力ではあるのですが、広いフィールドというのはそれだけ多くの人に見られ、時にはぶつかってしまう可能性も出てきます。

フェイスブックやツイッターなどの大型SNSに疲れてしまった方、まずは距離をとって心の疲れを癒してみてください。そして信頼のおける人達との交流の場としてクローズドSNSを利用してみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこの辺で。

【こちらの記事もいかがですか?】

・SNSから他人の人生の一部を見て嫉妬するのは精神的にも悪いし時間の無駄

・フェイスブックなどのSNSは視野が狭くなるだけじゃなくデマの拡散の原因にもなるらしい



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top