スポンサーリンク

【フェイバリット・ギタリスト】瀧川一郎氏について少しだけ語ってみる。

Pocket
[`evernote` not found]

ichiro
私が瀧川一郎氏を知ったのは高校生の頃です。

その頃の友人に「これ聴きなよ」と渡されたのが、BODYというバンドのアルバム「FLAME」でした。

はじめは特に興味もなく放置状態だったのですが、聴くものも無くなってきたのでなんとなく再生。

1曲目の「MYSELF」で一発KOでした。それくらいに衝撃的なギターとドラムだったのです。

サウンドとしてはかなりドンシャリで、ガンガンと攻めてくるタイプのギターでした。

BOOWYや氷室京介ばかり聴いていた頃だったのでそのサウンドには度肝を抜かれたことを覚えています。

「なんじゃこりゃ・・・」と「これはすごい!!」が同居した感じとでもいいましょうか…

で、アルバムではメインの楽曲「I LOVE YOU」も名曲と呼べる素晴らしいものでした。

このころから彼にどっぷりハマってしまいました。圧倒的なかっこよさだったのです。

当時の私はドラマーだったのですが、ギタリスト、瀧川一郎に惚れ込んでしまいました。

その後、BODYはあっけなく解散してしまったのですが、すぐにCRAZEと言うバンドを結成しました。

このバンドに関してはメジャーデビュー時のメンバーが神がかっていました。

そして1stシングル「NAKED BLUE」…瞬殺でした。一瞬で心を奪われました。

ギターが相変わらず凄まじい。何一つ文句のない名曲です。

アルバムバージョンは最初のギターが最強にかっこいいんです。

その後はボーカルが短期間で入れ替わり、最終的な布陣は私の好みとは大きく違うものになってしまいました。

その頃から私はCRAZEを聴かなくなりました。ボーカルが…どうしても合わなかったのです。

単なる私の好みなので気を悪くされた方がいたら申し訳ないです。

現在は初メジャーデビューを果たしたバンド「D’ERLANGER」を再結成、精力的に活動されています。

おそらく彼のキャリアの中では、このバンド以上の布陣はなかったのだと思います。

kyo氏のボーカルは益々磨きがかかって素晴らしいし、SEELA氏のベースは相変わらず動きまくる。

Tetsu氏のドラムは更にやかましくなり、一郎氏…ここではCHIPERですね。変わらず良いギター弾いてます。

特に解散の気配もないとてもいい状態のようなので、今後も出来る限り活動を追っていけたらと思います。

と、こんな感じで今後も好きなプレーヤーについて書いていきたいです。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top