スポンサーリンク

PIXIVで「死んで生き返りましたれぽ」を読んだんだけど、これは色々と考えさせられる内容だった。

Pocket
[`evernote` not found]

shiniki

たまたまPIXVで好きな絵師さんを見て回っていたのですが、
その時にこの「死んで生き返りましたれぽ」と言うタイトルに惹かれ、軽い気持ちで見てしまいました。

これは…全部で16話からなるご本人の闘病記でした。
とても軽い気持ちで見られるものではなく、壮絶な内容です。
感動した部分もありますが、それ以上に壮絶過ぎて言葉が出ないと言うのが正直な感想です。

やはり作家さんというのは精神的にも肉体的にも大変なのだなと再認識させられる内容でした。
典型的な心と身体を壊してしまった作家さんの通る道という感じです。
現在は退院して療養中との事で何よりです。

ネット上のニュースでも結構有名なアニメ化もされていたり、
人気作品を持っている作家さんが急死したり自殺したりという情報が入ってくることがあります。

「死んで生き返りましたれぽ」を読むとやはり精神的な部分から爛れた生活習慣になってしまっています。それだけ絵や漫画、創作で身を立てると言う事は大変なことなのだなと感じてしまいます。

別に創作だけが特別ではないと言う事は理解しています。
どんなお仕事であっても大変である事に変わりはありません。

社会に出て、仕事をしてお金を頂くと言う事はどんな内容であっても簡単では無いのですから。
ですが、私も少しですが音楽を作る事でお金を頂く事があるので、他人事とは思えないのです。

好きな事、やりたかった事、自分の夢を仕事に出来る事って本来は幸せなはずなんです。
でも、当然ですが商業ベースに乗ってしまえば数字、結果を求められるビジネスでもあるのです。
もちろん納期もあります。お仕事なので当たり前ですよね。ただ、殆どの場合はかなりタイトです。
ビジネスなので仕方ありませんが、短期間で創作ってやっぱり簡単ではありません。

短い制作期間で数字として結果の良さを求められるプレッシャー…
これも仕方ありません。出来なければ次がありません。どの分野も作家さんは数多くいらっしゃいますから。

基本、自営業なので先行きが不安でもあります。会社に勤めているわけではないので定期的な収入はありません。自分で選んだ道なので、責任も当然自分にあるのですが…難しいですよね。

あんまり無理をしすぎてしまうと、好きで始めた、志していたものが嫌いになってしまう事もありますよね。

私も音楽が嫌いになってしまい、耳にするのも嫌な時期がありました。
ライブハウスなんて近づくだけで拒否反応で吐き気をもよおすレベルです。なかなか歪んでました。

その後遺症でバンド活動は未だに出来そうにもないです。ドラムの演奏自体は今でも楽しめます。
と言っておいてここ数年はまともにスティックも握っていませんが…

ただ、幸いな事に私は自身の活動に行き詰まった時点で音楽から距離を取ると言う選択をしました。
お陰で日々の生活が爛れることもなく、心穏やかに過ごせたのは精神上良かったのでしょう。

バンドはもうアレですが、もう一度音楽をやりたいと思えるようになったのは距離を取ったからだと思うんです。それからは比較的楽観的に音楽と向きあえているように思います。
まだまだ学ばなければいけない事も数多くありますが、今の所は音楽が好きだとはっきり言えます。

もしも次に音楽と距離を取る事になった時には、多分良い意味でそうなれると思います。

その程度には年を取ったと言われればそれまでですが、心が壊れるよりは良いですよね。
そう考えると年を取ることもそう悪い事では無いのでしょう。そう思いたいです。

この作品を描かれた竹尾さんはまだまだお若いと言う事なので、それだけに回復も早いかと存じます。
もちろん不安な部分は完全に拭えないでしょうが、楽しんで絵を描いていって頂ければ何よりです。

書籍化もされるようなので、今後の自分のためにも是非読んでおきたいと思います。

【PIXIV竹尾さんのプロフィールページ】



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top