スポンサーリンク

【DTM超初心者向け】VSTプラグインの設定と使い方についてほんのさわりだけ書いてみるよ。VSTの使い方が分からない人は一度読んでみてね。

Pocket
[`evernote` not found]

はい、今回はタイトル通りVSTの使い方の初歩の初歩です。

何でこんな記事を書くのかといえば、ブログの検索ワードで「VST 使い方」や「VST 設定」と言うのが時々あるからです。何でこんなへんぴなブログにたどり着くのかはわかりませんが、せっかくなのでVSTプラグインの設定について書いていきたいと思います。

フリーのもので高品質なものも多いので、低予算なDTMerにはありがたい存在ですが、そもそもDTM初心者には色々と敷居の高い事が多いですよね。音楽をやるために音楽以外のことにも詳しくならないといけないのですから便利な時代でもそれなりに難しいことはあるということです。

と言うことで早速やっていきましょうか。

まずはフリーのVSTプラグインをダウンロードしてきます。別になんでもいいのですが、今回はフリーの大御所である「DSK Music」からダウンロードしましょうか。

5f44c089

色々とありますので何でもいいのですが、とりあえず「DSK saxophones」にでもしておきましょうか。

2346d47d
ウィンドウズであれば32ビット、64ビットのいずれか、マックであればMac VSTを選んでダウンロードしましょう。特に問題はないかと思います。データの形式は圧縮されたzipとなります。

で、そのzipを…分かりやすいのでデスクトップ上にでも置いておきましょう。そして解凍ソフトを使って解凍します。さすがにDTMをやろうとしている人で解凍ソフトのことを知らない人はあまりいないと思うので説明は省きますね。

f494fbf1
そうしたら中身がこんな感じのフォルダが解凍されると思います。この場合は32ビットバージョンなので64ビットの場合はフォルダの名前が「win64」とかになっています。

とりあえずこれはこのまま置いておきまして、次はDAWのソフト上でVSTを起動させるための「住所になるフォルダ」を作りましょう。

場所はね…ぶっちゃけどこでもいいのですが、大事なのは「必ずこのフォルダの場所を把握できる」ことです。別にデスクトップやマイドキュメント内でも構わないのですが、よく使う場所だと間違ってフォルダやデータを削除してしまうこともあるかも知れないので、出来ればそういうことがない場所であることが望ましいです。

個人的に一番それらしい場所といえば、「マイコンピュータ→ローカルディスク(C:)」と言う場所です。

ここは普通はあまり踏み込まない場所なのでフォルダを消してしまうことはまず無いでしょう。
と言うことでここにフォルダを作ってしまいます。

フォルダの名前も自分で把握できるのであれば何でもいいのですが、ここでは分かりやすく「Plug-in for DTM」とでもしておきます。


f349c178
この際にこのフォルダのショートカットを作成してデスクトップにでも置いておけば便利です。

そして後はこのフォルダに先ほどのDSK saxophoneのフォルダを放り込めばOKです。
今後は音源に関してもエフェクトに関してもzipを解凍したらフォルダごと放り込んでいけばいいのです。

ここで大事なのは、このVSTのデータを放り込んだフォルダの場所を把握しておくことです。
この場合は「ローカルディスク (C:)」内にあります。これを把握しておくことが重要です。逆にこれだけを理解していれば何も問題はありません。

そして次は自身が使用しているDAWソフトを立ち上げます。私の場合は「ACID」ですね。

VSTに対応しているソフトであれば設定の欄に必ず「VSTを読み込むフォルダの場所」を設定する箇所があります。これに関しては各DAWソフトで違うので調べてみてください。

01f47c88

そこに先ほど作成したフォルダ「Plug-in for DTM」を設定しましょう。場所は「ローカルディスク (C:)」内すぐにあるはずです。

これで設定は終わりです。あとは各種のDAWでプラグインを選択する欄にDSK saxophoneがあるはずなのでそれを立ち上げればOKです。あとは同じ要領で好きなプラグインを追加していきましょう。

インストーラーの場合も同様に、インストールする際に場所を「Plug-in for DTM」にすればいいだけです。

これで無理な場合はいくつかの原因があるのでそれを探っていきましょう。いくつかの例を挙げてみます。根気よく探ってみてください。

【32及び64ビットの違いで起動できない。各OSに対応していない】
32ビット、64ビットはそれぞれ対応しているデータが違います。ウィンドウズPCの場合はまず自分のPCがどちらに対応しているのか調べましょう。マックの場合はプラグイン自体が対応していない場合もあります。

【フォルダをきちんと指定できていない】
ケアレスミスは誰にでもあります。もう一度順を追ってしっかりチェックしましょう。

【そもそもDAWがVST対応じゃない】
最近のフリーウェアのDAWでもほとんどがVSTに対応していますが、一応チェックしてみてください。古いものではそういったケースもあるかもしれません。

これをクリアできれば応用も利きます。大容量のプラグインの場合は外部のハードディスクにインストールしておくことも可能です。この手の知識は今後DTMで制作するための基本のものとなりますので頑張って覚えてくださいね。

それでは今回はこの辺で。

こちらの記事もどうぞ!!

・DAWの記事はこちらから

・ソフトシンセの記事はこちらから

・プラグインエフェクトの記事はこちらから

・サンプルパックの記事はこちらから



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top