スポンサーリンク
スポンサーリンク

【フェイバリット・ギタリスト】スティーヴ・ルカサーについて少しだけ語ってみる。

Pocket

8dfec3c7

言わずと知れた凄腕バンド「TOTO」のリードギター&ボーカルですね。
御年56歳の現在も変わらずに精力的に活動を続けています。

アメリカのミュージシャンではあるのですが、腕利きのスタジオミュージシャンでもあります。
なので日本でも彼は数多くの作品にギタリストとして参加しています。

私の好きなアーティストで言えば、氷室京介氏のベストアルバム「Master Piece #12」に2曲ほど参加しています。他にも数多くの音源でギターを弾いているのですが、あまりの多さに私もほとんど把握出来ていません。多分ですがアニメにもゲームにも彼のギターが何らかの形で入っていると思われます。

そのあたりのことに関してはウィキペディアの方が色々と載っていると思います。

ルークのプレイスタイルはズバリ「何でも出来る」オールラウンドなスタイルです。
ヘヴィなリフからおしゃれなカッティングまで何でもそつなくこなします。
基本的には、あくまで楽曲重視のプレイを心がけているので、TOTOでもギターソロが無い曲もあります。

ただ、弾きまくる時はこれでもかと言うほどに速弾きをぶちかます事もあるのです。
本当に楽曲に対して柔軟に弾き分けるスタジオミュージシャン肌の人ですね。

TOTOと言えばおそらくこの曲が世界で一番有名な曲でしょう。

「アフリカ」と言う曲です。TOTOの4枚目のアルバムで、グラミー賞を取るきっかけにもなった作品です。
この曲は確かルークとジェフが書いたものだと記憶しています。

また、ルークはギタリストでありながら、ボーカルを丸々1曲歌うこともあります。
「I’ll Be Over You」は彼のボーカル曲の代表曲でもあり、全米チャートで11位と言う結果を残しています。

そしてソロ活動がメインの現在も貪欲に音楽を学ぶ姿勢を崩すことなく創作に取り組んでいます。
私も今となってはTOTOよりもソロの作品の方が好きだったりします。
歌心を大事にした楽曲制作のスタイルは学ぶべきところが非常に多いです。

私自身はギタリストでも何でもありませんが、ミュージシャンとして彼を心から尊敬しています。
これからもファンとして、音楽の師として追いかけ続けたいと思います。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top