スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤマハの名機「DX7」を忠実に再現している?フリーウェア「DEXED」を少し触ってみたよ。

Pocket

6254a35f

ヤマハの誇る名機DX7を再現したフリーウェア「DEXED」を触ってみました。

若い世代の方でDX7を知っているという方はあまり多くはないと思います。

何せ本当に古いシンセで、現在はもちろん中古市場でしか出回っていないものなのですから。 私が学生時代によく足を運んだリハスタには大体これが置いてありました。

ドラマーだったので毎回触るということはなかったのですが、休憩時間に適当に弾いて遊んだ記憶があります。

価格は確か24万8千円だったかと。

これでも当時では破格の安さだったんですよ。

ちなみにボーカロイド「初音ミク」のデザインのコンセプトとなった機種でもあります。

有償のものであればNI社の「FM8」がDX7のモデリングシンセになりますね。

あれもなかなか高性能ですが、DEXEDは本当によく出来たシンセだと思います。

個人的にはこちらの方がよりDX7らしいのではないかと思えるほどの出来です。

まずはダウンロード先のページを少しスクロールして「Binary Downloads」の項目の「Version 0.8.0」をダウンロードしてください。OSに関しては手持ちのPCに合わせてください。

11c3eea5 あとはZipを解凍してプラグインのフォルダに放り込めばOKです。

音を出した感想としては、本当によく出来たDX7のクローンと言えます。

インターフェイスもまんまDX7だし、音も分かりやすいくらいに「あの音」でした。

FMシンセ特有の分厚さがあり、オケに埋もれない存在感のある音です。 個人的にはプリセット6番目のエレピっぽい音が好みです。

アイデアを考える時に心地よく鳴らして考えていけそうな音でした。

また、DX7もそうだったのですが、DEXEDに関しても、結構な知識がないと音色のエディットはかなり難しいと思います。

少なくとも私は全然わかりません。

昔買っていたキーボード関連の雑誌の最後の方に、DX7の音色エディットのデータ表が載っていたのですが、当時の私には宇宙の言葉にしか見えませんでした。

なので、DEXEDでも無理をせずにプリセットで遊ぶ事にしようと思います。

そして「CART」をクリックすると、音色を更に切り替えることができるので、本当に膨大な数の音を出すことが出来るようになっています。 多分、当時の別売りのカートリッジを意識したものなのでしょうか…

723c3e5e

VSTプラグインなので、マックユーザーの方には少し制限がありそうですが、本当によく出来たシンセなのでぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。

効果音作成なんかにも力を発揮してくれそうなほどにそそる音を出してくれますよ。

それでは。

こちらの記事もどうぞ!!

・DAWの記事はこちらから

・ソフトシンセの記事はこちらから

・プラグインエフェクトの記事はこちらから

・サンプルパックの記事はこちらから





【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top