スポンサーリンク

PreSonus Studio One 3のフリー版「Studio One 3 Prime」が無償配布を開始。普通に即戦力なDAWになりそう

Pocket
[`evernote` not found]

prime

エムアイセブンジャパンにてStudio One 3のフリー版にあたる「Studio One 3 Prime」の無償配布が開始されましたね。

もちろん製品版と比べれば機能面では制限がありますが、普通に使う分には全く問題がなく、むしろフリーとは思えないほどの性能を誇る夢のような仕様となっています。

Studio One 3には3つのラインナップがあります。

・Studio One Professional(最上位バージョン 42,800円)

・Studio One Artist(エントリーバージョン 12,800円)

・Studio One Prime(今回のフリー版 0円)

基本的な機能に関してはエントリー版にあたる「Studio One Artist」と収録されているプラグインの数を除けば同じなので、楽曲制作においては全く問題がありません。

STO3p

オーディオトラック、MIDIトラック共に制限は無いようなので、フリー版にありがちなトラック数の制限に悩まされることもありません。ここは地味に素晴らしい点です。

Studio One 3の目玉的な機能である「Melodyneピッチ補正の統合」も当たり前ながら使用はできませんが、Artist版でも体験版しか入っていないのでここは必要に応じて最上位バージョンを購入するのがベターです。

また、サードパーティ製のVSTやAUなどのプラグインは使用不可となっています。

Artist版においても別売りのアドオンを購入しないとサードパーティ製のプラグインは使えません。

ダウンロードは「My PreSonusアカウント」を作成する必要があります。ダウンロードまでの詳細についてはこちらにて案内があるのでアクセスしてみてください。

ProToolsもフリー版が発表され、どちらをメインにするかが悩みどころですね。

ユーザーも急激に増えてきたDAWなのでぜひ一度触れてみることをオススメします。

「Studio One 3 Prime」へはこちらから



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top