スポンサーリンク

ロックバンドTOTO、9年ぶりのアルバム『TOTO XIV ~聖剣の絆』を発表。これはテンション上がる。

Pocket
[`evernote` not found]

『TOTO XIV ~聖剣の絆』 『TOTO XIV ~聖剣の絆』が2015年3月18日に発売とのことです。

『Falling In Between』以来の本当に久しぶりなオリジナル・スタジオ作品になりますね。 大ファンであるTOTOがオリジナル音源を出してくれるだけでも十分感激なのですが、何と言っても今作のレコーディングメンバーですよ。

これは期待値のハードルが上がります。

【レコーディングメンバー】

スティーヴ・ルカサー(G, B, Vo)

デヴィッド・ペイチ(Key, Vo)

スティーヴ・ポーカロ(Key)

ジョセフ・ウィリアムズ(Vo)

デビッド・ハンゲイト(B)

キース・カーロック(Ds) 他

まずはデビッド・ハンゲイト。元々はTOTOの初期メンバーである彼が復帰しているのです。

たしか歴史的大ヒットとなった4作目、『TOTO IV~聖なる剣』まで在籍していたベーシストです。それ以降はポーカロ一族のマイク・ポーカロが支えてきていたのですが、2007年に難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症してしまい、バンドから離脱、その後は最高峰のベーシスト、フォープレイのネイザン・イーストが参加していました。

ここにきて初期メンバーの復帰というのは嬉しいニュースです。またあのロックテイスト溢れるベースが聴けるのですから。

そしてジョセフ・ウィリアムズです。ここ数年はサポートで参加していた彼なのですが、本格的にTOTOでボーカルを担当するという点も注目です。

元々は3代目のボーカリストなのですが、脱退後はルークがボーカルを、その後は初代ボーカルであるボビー・キンボールが復帰したので長らくTOTOでの歌声は聴けなかったのです(サポートで時々参加はしていましたが…)

そう言えば2代目ボーカルであるファーギー・フレデリクセンは2014年1月18日に癌により62歳で亡くなっています。彼もロックテイスト溢れるパワフルで素晴らしボーカリストでした。

彼の分もTOTOで頑張って欲しいですね。 あと、脱退したサイモン・フィリップスの後任にキース・カーロックが加入しているので、その辺りも気になります。

分かってはいますが動画を見る限り相当の技量ですね。これは期待できます。

CDは通常版、初回限定の紙ジャケット仕様、Tシャツ封入のBOX仕様の3種類あるようです。高音質な「Blu-spec CD2」でのリリースという点も注目ですね。

発売を楽しみに待ちたいと思います。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top