スポンサーリンク

機材とか楽器とかソフトを買う前に少し考えてみようじゃないか。

Pocket
[`evernote` not found]

file000941099007

音楽を作るためのツールというのは月単位でさまざまなものが発売されていきます。

楽器、ソフト、サンプリングCD、その他音響機器…音楽雑誌でも毎月のようにレビューが掲載されていますよね。そしてそれらはとても魅力的に見えてしまいます。

もちろん私もそうです。

最近は7弦ギターなんかを見ると心がときめきすぎてどうにかなってしまいそうです。

ib7

こういうのを見るともうたまらないです。

でも考えてしまうんです。「一体いつ弾くのか」と。

現在は手元に弾ける状態でおいてあるものが4本。いずれも6弦ですが、私がダウンチューニングで遊ぶ程度であればそのうちの一本のチューニングを下げておけばいいだけの話なんです。

そもそも制作でそこまでギターを弾かないですし(弾けないし)、現状で4本いずれも大事なものなので手放せない…しかし人間は腕が二本しか無いのでこれ以上持っていてもメンテも手間がかかるので。

と言うことで当分は見送りとなりました。

ひとまず使用頻度の低いギターのチューニングを1音下げにして近くにおいてます。

このようにですね、新しいものが欲しくなるのは音楽をやっていたら仕方ないことなのですが、結局は今あるものを使いこなす前に次のモノに…と言う行動を繰り返してしまうのは少し無駄が多いかなと思うのです。

特にDTMのプラグインは絶えず新しいものが比較的短期間にリリースされます。新しいものに触れると何と言いますか、創作意欲が湧いてくる気がしませんか?

最近だとYAMAHAのシンセがかなりツボなのですが、なんかアレを適当に鳴らしていたらいい感じの曲のアイデアが浮かんできそうな気がするのですよ。

でも私が欲しいそのシンセの中身はDX7なわけで…それなら手持ちのソフトシンセに「FM8」があるじゃないかと考えてしまうんです。だから今の所は発売してすぐ購入ということは…多分無いです。

現状のソフトシンセもまだまだ使い切れていないので、まずはしっかりと使ってあげたいなと。特にOmnishpereに関してはまだまだ底が見えていないので、きちんと使って曲を作りたいですね。

使えるツールが多いとそれだけ幅広い制作ができるとは思うのですが、所詮私の身体はひとつしかありませんし、結局はほとんど出番がなくハードディスクの肥やしになるソフトも出てくると思うんです。フリーソフトだと手軽に手に入れることができますが、使わないソフトをたくさん詰め込んでもDAWの読み込みが遅くなるだけなので…

みなさんも何か欲しいものがあった時には一度考えてみてください。

「それがどれだけ必要か」と言うことをです。

別に最新のツールじゃなくても音楽は作れます。なのでまずは自分の手持ちのツールを確認して、足りない部分を補っていく形で増やしていく事をオススメします。

と、自分自身に言い聞かせる意味も込めて書いてみました。

それでは今回はこの辺で。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top