雑記

【DTM】無料なのにハイクオリティ!!即戦力として使えるコーラスプラグイン5選




【2017.02.19 更新しました】

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

こちらでは無料で手に入るコーラスプラグインの中でも定番のものや使ってみて気に入ったもの、現在もメインで使っているものを紹介していきたいと思います。

 

 

Blue Cat's Chorus

BCC‐0000

爽やかで自然なコーラスを得られるのがポイントです。

クリーンギターのカッティングやアルペジオに効果的ですが、ボーカルやコーラスに使えば自然な広がりを持たせることができるので、個人的にはとても気に入っています。最近とても良く使っています。

Mac、Win両対応、VST/AU/AAX/RTASサポート

「Blue Cat's Chorus」の入手はこちらから

 

 

Acon Digital Multiply

Acon Digital Multiply

見た目以上に音を作り込めるコーラスです。

特にステレオ感を調整できるStereo Spreadが効果抜群です。4バンドイコライザー、フィルターも付いていてフリーとは思えない機能満載のプラグインです。

Mac、Win両対応、VST/AU/AAXサポート

「Acon Digital Multiply」の入手はこちらから

 

 

TAL-Chorus-LX

TAL_Chorus

ローランド JUNO-60のコーラスをベースとしたプラグインエフェクトです。

2種類のモードを選択するほかはドライ/ウェットとステレオ感を調整するだけのとてもシンプルなものとなっています。

細かいエディットが苦手な人には最適なのではないでしょうか。

Mac、Win両対応、VST/AU/AAXサポート

「TAL-Chorus-LX」の入手はこちらから

 

 

Classic Chorus

動作が軽くて音作りも非常にやりやすいので、32ビット環境下ではヘビーローテションでした。ギターやボーカルにものすごく合うんです。

ただ、すでに開発は終了しているので32ビットのみのディスコン状態となっています。

逆に古いOSやロースペックPCで制作している人にとっては現在でも強い味方です。

WINのみ、VSTをサポート。

「Classic Chorus」の入手はこちらから

 

 

HY-ChoFla

見た目より音作りの幅が広いので、現在はメインで使っています。

コーラス、フランジャーの切り替えが出来るのもポイントで、これがあれば二役をこなせます。動作も軽いので気にせず使えるのもいいですね。

WIN(32、64とも)対応、VSTをサポート

「HY-ChoFla」の入手はこちらから

 

 

こちらの記事もどうぞ!!

・DAWの記事はこちらから

・ソフトシンセの記事はこちらから

・プラグインエフェクトの記事はこちらから

・サンプルパックの記事はこちらから

 

 

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。

-雑記

© 2020 Symphonical Rain