スポンサーリンク

上品な革の光沢と機能性に優れた「PORTER SHEEN 二つ折り財布」を購入しました。

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

以前から新しい財布が欲しいなと思いながら、とりあえず「これは」というものに決まるまでの間、繋ぎの財布を使い始めてはや一年ほど経ちました。

そして先日購入したのが「PORTER SHEEN 二つ折り財布」です。

こちらは PORTER SHEEN WALLET です。吉田カバンホームページでご覧になれます。

一度PORTERの財布は使っていた時期があったのですが、かなり雑な扱いでも5年以上持ってくれたので、今回もお世話になろうという結論です。

ただ、今回は丁寧に扱おうと思います。少なくともスボンのポケットに常時入れておくようなことは無いように心掛けますよ。

という事でせっかく買ったので簡単にですがレビューしていきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「PORTER SHEEN 二つ折り財布」レビュー

表地はステアレザーで質感が手触りは滑らか、上品な光沢です。

右下にあるブランドプレートもよく見るPORTERのものとは違い、控えめサイズでドレス寄りなデザインとなっています。

カードポケット

カードポケットは4つ、後はこの裏に1つ、後で紹介するコインポケットの裏に2つで計7ヶ所にカードを収納することが出来るようになっています。

ただ、全部にカードを入れてしまうと財布自体がかなり膨らんでしまうのと、開き気味になって見た目がよろしくなくなるので、出来ればこの面に収める程度にして、使用頻度の低いカードでも持ち歩きたいものがあれば別途カードケースを持ち歩くのがベターです。

カードの取り出しに関しては使い始めなのでまだ固い感じですが、少し使えばすぐにこなれていくと思います。

個人的に一番良く使うクレジットカードは一番上の段に入れておくと取り出しがスムーズでした。

小銭入れ

小銭入れはボックス式なので視認性は抜群です。

基本的にはキャッシュレスへと移行しているのですが、どうしても小銭が必要な時が出てくるので、少量持ち歩く程度の小銭入れが付いているのは非常にありがたいです。

頑張れば40枚ほどは入りそうですが、あまり詰め込むと形が崩れてしまうし、財布本体に小銭の跡が付いてしまいそうなので、20枚以内に抑えた方が良いでしょう。

私は一日の終りに財布を整理しているので特に問題はありません。

札入れ

ポケットは2つ、裏地は上質なナイロンジャガードです。

お札の種類で使い分けても良いし、もう一つはレシートやチケットなどの一時保管にも便利です。

サイズ感も非常に余裕があるのでお札の収納も余裕があります。

取り出しもスムーズなのですが、個人的にはもう少し深さがあった方が良かったかもです。

必要な時以外はあまり一万円札を財布に入れないので、普段はポケット1つで使うのがメインになりそうです。

厚みに関して

カード5枚、お札6枚、小銭8枚を入れた状態での厚みがこんな感じ。2センチほどです。

あまり詰め込むと、せっかくの上品な財布が型くずれしてしまうのと、あまり好きではないパンパンな状態になってしまうので、基本的にはこれを上限に留めておくのが良さそうです。

キャッシュレス、スマホアプリなどで補完すればこれでも十分だと私は思います。

終わりに

色々と悩みに悩んで選んだものですが、久しぶりに良いものを選べたのではないかと。

最近はカードも増えてきてごちゃ付いていたので整理する機会にもなりました。

一時は長財布も選択肢にありましたが、個人的には性に合わなかったので今後も二つ折りを使い続けるのだと思います。

出来る限りではありますが、優しく丁寧に扱っていくので、できるだけ長く愛用できたら何よりです。

吉田カバンの製品は今でも結構持っているのですが、今回の財布に関しても同じく素晴らしいクオリティでした。

それでは今回もお付き合い頂きましてありがとうございました。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top