食べたり飲んだり

マクドのフィレオフィッシュが25年ぶりのリニューアルという事で食べてみたけど「美味しい」のは変わらず




皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

マクドナルドの定番メニューであるフィレオフィッシュですが、25年ぶりにリニューアルし、10月31日までに全店舗での提供が開始されたとのことです。

http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2019/1028a/

マクドナルドのバーガーでは2番目に好きなのがフォレオフィッシュなので、こうしちゃいられないと自宅から徒歩数分のお店に行ってきましたよ。

当たり前ですが、限定商品でもなんでも無いので一欠片の苦労もなく手に入りました。

という事でここから先は新しいフィレオフィッシュを食べたというだけの駄文になります。

少しだけ思い出を語らせてください

実は私、幼少の頃はあまりハンバーガーというものが好きではなかったのです。

というのも、私が4,5歳と幼い頃はマクドナルドも今ほどメニューの幅が広いというわけでもなく、母が買ってくるのはハンバーガーか兄が好きだったチーズバーガーくらいでした。

私はケチャップメインのこの2つのバーガーがどうしても好きになれず、しかも天敵であるピクルスまで入っている始末。

そういった理由から一人で1個を食べきることはありませんでした。

ですがある時、何気なく渡された青い包み紙の中から現れたバーガー…そう、フィレオフィッシュです。

一口食べた瞬間から私のバーガーに対する価値観が一変してしまう、それくらいの衝撃が幼い私にはあったのです。

白身魚とタルタルソースの組み合わせ…幼い私を虜にしてしまうには十分すぎるほどの威力でした。

その後はテリヤキバーガーが発売されるまでの間、マクドナルドと言えばフィレオフィッシュというのが私の中でのスタンダードとなったのです。

え?今はどうかって?

マクド行ったらビッグマックばっかり食ってるよ?だって美味いもん。

 

という事で買ってきました

さあ、こいつが新しいフィレオフィッシュですよ。

フィレオフィッシュって今は340円するんですね…ビッグマックと50円しか変わらないのか…

ものすごく安かった時期を知っているのでちょっと驚きましたが、美味しければ、340円の価値さえあれば何の問題も無いんですよ。

 

心なしか以前よりもバンズがふんわりしているように見えます。

出来たてというのもありますが、一時期低迷していた頃よりも品質が向上したのかもしれませんね。

ぺったんこ、という感じはしません。

 

中は相変わらずシンプルなチーズと白身フライとタルタルソース。

たったこれだけなのに幼い頃の私に衝撃を与えた罪はこの地球よりも重いですよ。

 

やっぱりふんわりしてます。小ぶりだけどふんわり。

サイトを見るとフィレオフィッシュのバンズはトーストじゃなくてスチームさせているのでフワッとしているとの事です。

この時点ですでに美味そうです。

 

何が変わったのか

サイトには色々と書いていますが、味に直結するのは「白身フライの冷凍工程」です。

以前はアラスカでスケソウダラを漁獲後すぐ冷凍→タイの加工工場でブロック状に加工して再度冷凍→フライにする直前まで加工してから日本に発送。

こんな感じで2回冷凍する過程があったのを、

アラスカで漁獲後、ブロック状に加工まで済ませてから冷凍→タイでフライにする直前まで加工してから日本に発送。

冷凍の回数を1回にするだけではなく、漁獲後にすぐ加工することによって鮮度を保って更なるクオリティの向上に繋げています。

テキストで書くとこんなものですが、実際には途方も無い企業努力があるのでしょうね。

 

味?美味いに決まってるやん

そして肝心の味は…って言っても前から美味かったし、今回食べたのも当たり前に美味いです。やっぱり白身フライとタルタルの組み合わせは最強ですね。

ただ、個人的な感想としては、以前のようにバンズがぺったんこじゃなくふんわりしているのと、白身フライの食感がしっかりしているように感じました。

リニューアルしたからかなり丁寧に作っているんだな、と思います。

今後、どれくらいこのクオリティが維持できるのか…期待したいですね。

 

終わりに

バーガー1個で結構な文章量になりました。割と書けるものですね。

たまにはこんな感じで食べ物関連のことを書くのも楽しいです。

今後は自炊系も含めて、もう少しだけこんな記事も増やしていきたいなと考えています。

という事で今回もお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。

-食べたり飲んだり
-, ,

© 2020 Symphonical Rain