音楽・楽器系のネタ

SONYのヘッドフォン「MDR-V6」は偽物が出回っている場合があるから気を付けて買いましょう。




皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

前々から言われていることではあるのですが、このSONYのヘッドフォン「MDR-V6」は、アマゾンで購入した際によく偽物を掴まされる人がいると聞きます。

アマゾンの商品のレビューにもそのことが書かれているので購入の際は是非気を付けて頂ければと思います。

このMDR-V6と言う機種は、日本では販売されていない海外のモデルになります。

【レビュー】今更だけどSONYのヘッドフォン「MDR-V6」について書いてみる

見た目はMDR-CD900STとそっくりではあるのですが、見た目が少し似ているだけで、基本的にはかなり音の違いがあるモデルです。

音の違いとしては、900STがバランス型とすれば、V6はやや低音が出ています。

そしてミックスやマスタリングで使うことはもちろん可能ですが、リスニングに向けた調整がされているのがV6と言うモデルです。

ディテールも少し違うのと、V6はカールコードになっています。この辺は好き嫌いが分かれる所ですね。私はカールコードが結構好きだったりします。

なんかロックっぽくないですか?

音もこちらの方が好みなので私は普段音楽聴く時も制作の時にもV6の方をよく使っています。

私は両方持っていて、幸運な事に今の所は偽物を掴まされてはいないので一安心です。

ですが今後購入される人がいるのであれば、出来れば「Amazonが販売、発送します」と表示されている時にしておいた方が良いと思います。

さすがにAmazon直販で偽物はないと思うし、仮にあったとしても対応がスムーズに進むはずです。

偽物を掴まされた人は販売がアマゾンではない所で購入しているので、Amazonの直販がない場合は業者の評価等をよく調べて慎重に購入してくださいね。

せっかく買ったものが偽物だったとしたらテンションだだ下がりですから…実際に商品に触れることの出来ないネット通販ではとにかく慎重にショップを選ぶことが必要です。

やっぱり並行輸入品と言うのは少し怖いですね。

それでは今回もお付き合い頂きましてありがとうございます。

 

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。

-音楽・楽器系のネタ

© 2020 Symphonical Rain