スポンサーリンク
スポンサーリンク

【レビュー】今までやってきた&今でもやってるソーシャルゲームについて語ってみる。

Pocket

ここ数年でソーシャルゲーム、いわゆる「ソシャゲ」は日本に根付き、テレビのCMも毎日時間帯を問わず流れていますよね。スマートフォンを持っている人であれば一度はプレイしたことがあるはずです。

私自身もガラケー時代はソシャゲにのめり込むことはなく、スマホに持ち替えてからと言う感じです。みなさんも大体同じようなタイミングではないでしょうか。

今回はスマホに持ち替えて4年ほどになる私が過去を振り返って、これまでに手を出してきたソシャゲについて思い出しながら思ったことでも書いてみることにしました。

・音色組曲

音色組曲

ハンゲームがリリースしたタイトルですね。

何気に結構課金したタイトルでもあります。リリースからしばらくは課金が無かったのですが、アイテムや追加ボイスの増加に伴いガッツリとした課金が始まりました。

主人公の女の子(画像右の女の子ね)の声優さんが加藤英美里さんでとてもかわいい声だったので追加のボイスに結構課金した記憶があります。あと、服装や髪型も課金で色々と揃えることができたので、思い思いのコーディネートを楽しむことが出来たのが良かったです。

システムはお使い系の任務をこなすものがメインなので作業的になってしまうのがアレですが…

このタイトルの終焉は運営が放置して終わってしまうという何とも悲しいものでした。段々と募っていくユーザーの不満、イベントのない日々、そして離れていくユーザー…私が初めて経験した放置エンドでした。

・拡散性ミリオンアーサー

ミリオンアーサー

スクウェア・エニックスの有名なタイトルですね。

声優、イラスト、音楽、シナリオにトップクラスのクリエーターを起用したことで話題になりました。当時のソシャゲではクオリティの点で頭ひとつ抜けていたのではないでしょうか。このタイトルにもそれなりに課金しました。

シナリオも壮大でソシャゲにしてはかなり本格的だったので当時の私は結構ハマってしまい、回復アイテムやガチャに数万ほど使った苦い思い出があります。

ただ、面白かったのも最初の方だけで、ソシャゲにありがちなマンネリとした倦怠期が訪れてしまいました。アプリ起動後の読み込みも遅いので始めるまでにテンションが下がり、段々とログインする間隔が…シナリオも風呂敷を広げすぎてよくわからない状態だったので純粋に楽しめるものではなくなってきたように思います。

そして運営もトラブルが続き、2015年3月にサービスは終了しました。最後にイベントが出来ただけでも終わり方としては幾分マシだったのかなと。その辺りの裏話はこちらに載ってます。

・戦国幻想曲

戦国幻想曲

ポケラボ運営の最近ではよくある有名武将を女性化した世界観のタイトルです。女性かとは言いますが、男性版もあるので男女問わずユーザーを囲い込むことに成功したのではないかと。

最初は特に特色のないごく普通のソシャゲだったのですが、周囲の競合タイトルがボイスや新しい要素を盛り込んできたことにより、同タイトルもそれに習い様々な機能を実装してきたのですが残念ながら2015年5月にサービスは終了となりました。

でも終了の際にはきちんとエンディングを用意し、スタッフロールも流れていたので運営の愛情を感じることが出来たタイトルでもありました。

同社の三国INFINITYもなのですが、ソシャゲの宿命とも言えるマンネリに抗うことはとても難しいのだなと感じさせられる作品でもあります。三国INFINITYは現在も続いているのですが、限界は近いのではないかなと思います。

・神撃のバハムート

バハムート

モバゲー内のアプリですがAPP STOREにて独立したアプリも用意されています(モバゲーのアカウントが必要)

これは現在でも根強く人気のあるタイトルですね。

美麗なイラスト、豪華声優陣、しっかりとしたシナリオが売りです。イベントも続きものが何本もあり、良い意味でバハムートの世界観を広げる要素となっています。

メディアミックスにも積極的でアニメ化も実現しました。ファンタジーRPGなタイトルでは大成功の部類に属するソシャゲ界の重鎮的な作品です。

…と褒めちぎってはいるのですが、去年の夏頃には放置してしまいました。

はやりソシャゲのマンネリに私の精神が抗えなかったようです。

でも、現在もアクティブユーザーが多いのでイベントは賑わっています。課金しなくても十分以上に楽しめる良作なので興味があればどうぞ。

・魔弾の王と戦姫

魔弾の王と戦姫

この「魔弾の王と戦姫」はMF文庫のライトノベルが原作で、2014年にアニメ化された作品です。コミック版もあり、物語としてはとても魅力的であるということを始めに言っておきます。私個人としてもこう言った戦記モノはとても好きなので作品の大ファンでもあります。

ただし、ゲームは別です。

このゲームはモバゲーから配信されているのですが、正直申し上げますと全体的なクオリティがかなり低いのですよ。それはイラストに限らずシステムそのものがかなり雑に感じてしまうほどです。

ソシャゲのテンプレートにそれっぽく当てはめただけ、イベントは微妙、イラストも微妙な場合が多い、そもそも作品に対する愛情を感じない。やっつけ感が半端無いんです。今年の5月から始めましたが2ヶ月持ちませんでした。

だからアクティブユーザーもかなり少ないです。少しイベントに参加しただけでも順位は3ケタ内に入ることができます。

まあ、アニメからのソシャゲ化なのでネタも少ないのは分かるのですが…

せっかくの素晴らしい物語や魅力的な戦姫たちの魅力が全く伝わってこなかったのが寂しいです。

・戦国のサムライキングダム

サムキン

ポケラボの戦国幻想曲に替わる新しい戦国モノのタイトルです。一応継続プレイ中。

戦国幻想曲を更にブラッシュアップした内容になっています。美麗なイラスト、クオリティの高い音楽、様々な育成要素やバトルがあり、かなりボリュームアップした印象です。

ユーザーも元気なのでチーム内でワイワイしながら楽しめる旬なタイトルです。

でもね、時間が決まってるチーム戦は大人には厳しいんだ。指定された時間にログインするのは難しい。生活があるからね。

なので私は近いうちにこれも放置してしまう可能性が10割ほどあります。

ゲーム自体は無課金でもかなり遊べるサービスの良さです。

・城姫クエスト

城姫

お城がモチーフの女の子たちがバトルするゲームです。一応継続プレイ中。

2015年7月から大幅にシステムが変更され、見た目以外は別のゲームへと変貌しました。個人的には戦闘がマンネリしていたので、新しいシステムの驚くほどに早い戦闘システムはいい結果につながるのではないかと思います。

今から新規でやるには結構オススメできるタイトルなのでまだの人は是非プレイしてみてください。あ、ちなみにグリーのアプリです。

城姫のイラストもかなりレベルが高いのでお好みの子も必ず見つかると思います。

ちなみの私の好きな白姫はメイド服が可愛い「高岡城」です。

・艦隊これくしょん 艦これ

艦これ

超有名タイトルです。戦艦がモチーフの艦娘たちが頑張るゲームです。継続プレイ中。

好みの艦娘を育て、愛でるもいいし、徹底的に強い艦隊を作るのも楽しいです。愛あれば自分の好きな艦娘でイベントを戦い抜くこともできるので、そのへんも魅力のひとつですね。我が艦隊もレベル99の艦娘が増えてきました。大好きな吹雪ももう少しでケッコンカッコカリです。

このゲームのいいところは「自分のペースで出来る」点に尽きるでしょう。イベントも年に4回ほどなのでゆっくりと艦娘たちを育成することができます。私も今では積極的なプレイはあまりしていなくて、演習やイベント参加がメインです。

アニメ化、書籍化、音源リリースとメディアミックスではかなりの成功を収めています。

今後の展開がとても楽しみです。

・アイドルマスター シンデレラガールズ・ミリオンライブ

シンデレラ

ミリオンライブ

もうソシャゲの王者的なタイトルですね。シンデレラガールズが先行してリリースされ、その後本家のアイドルを含めたミリオンライブがリリースされています。両タイトル共に継続プレイ中。

もう何も説明はいりませんね。メディアミックス前提ですでに様々な形で展開されています。ライブともなれば大きな会場でも愛のあるPが大勢集結してステージをプロデュースしています。

シンデレラガールズはリリースから一年後くらいに始め、ミリオンライブはサービス開始当時からのユーザーです。現在はゆるやかに楽しむ感じで遊んでいます。

ミリオンの方ではラウンジのリーダなのですが、比較的メンバーがアクティブなので和気あいあいと賑やかに楽しくやっています。シンデレラは比較的静かな感じでしょうか、でも逆に気楽でいい感じです。

最近のお気に入りのアイドルは、シンデレラではしまむらさんです。彼女が可愛くてどうしようもありません。

ミリオンの方では中谷育とまつり姫ですね。まつり姫は素の部分とのギャップに惹かれてしまいました。

シンデレラガールズは2015年の7月からアニメの2期が始まるのでそれも楽しみです。ミリオンの方もアニメ化してくれたら嬉しいんですけどね。

長々と駄文を垂れ流してしまい申し訳ないです。他にも色々とやっているのですが、印象が薄いものは省きました。

今後の制作のことを考えるとソシャゲもかなり時間を削らないといけないのでタイトルを絞る必要がありますね。今の所だとアイマスと艦これ以外は…と言う感じです。

それでは今回はこの辺で。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket

The following two tabs change content below.
AZU
日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top