スポンサーリンク

AVID「Pro Tools First」の配布が少しずつ案内、開始されている模様

Pocket
[`evernote` not found]

ProTools_First_GUI_3

2015年1月にフリー配布されることで大きな話題となった「Pro Tools First」ですが、段階的に配布の案内がされている模様です。

と言うのも現状では誰でもすぐに入手できるのではなく、AVIDにてメールアドレスなどを登録した人に少しずつ案内をしているとのことです。この事から手軽に入手出来る日はもう少し先なのではないかと。

私も先ほど登録したばかりなので、いつ入手できるかは何とも言えないですね。もしかしたら正式リリースの方が早いかもしれない…DAWに困っているわけでもないので別に良いのですが、興味があるので早く触りたいという気持ちがあります。

で、Pro Tools Firstの仕様も判明したので要点だけをピックアップすると…

・最大同時オーディオトラック数:16(48、96kHz共)・最大入力:4

・同時録音:4

・インストゥルメントトラック:16

・MIDIトラック:16

・AUXトラック:16

・バス:無制限

・サンプルレート:32ビット 96kHz(ハードウェア依存)

・保存可能なプロジェクト数:3(クラウドに保存)

他にも色々とあるのですが、これだけ把握しておけば問題ない部分だけを抜粋しました。

ガッツリと作りこむ制作には心許ないトラック数の制限がありますが、Pro Toolsを知るには十分な仕様だと言えるでしょう。フリーウェアとしては素晴らしいスペックです。

私の場合においても依頼の制作で使うにはトラック数が厳しいですが、最近無料音楽素材として配布したボーカル曲「Rainy Heart」だとギリギリいけそうです。

気になる点があるとすれば…やはり保存できるプロジェクト数が3つ、しかもクラウドという点です。

分かりやすく言えば、「3曲しか保存できない」上に、「自分のPCに保存できない」と言うことです。

AVIDが用意するクラウド上に一人3曲までしか保存できません。ちなみに課金すれば保存できるプロジェクト数を増やすことができます。

3つか…これはかなり厳しいな。以前の記事で「ボーカリストの方が歌入れに使うにも最適そう」とか書いた気がするんですけど、これだとお忙しいボーカルさんはプロジェクト数が足りませんね…

しかも現段階ではPro Tools Firstのプロジェクトファイルは他のバージョンのものと互換性がないそうです。だからプロジェクトファイルでのやりとりは出来ないということになります。今後はコラボレーション機能を実装させるそうなので、それまで待ちましょう。

どうしても自分のPCにデータを保存したい場合は、オーディオファイルにして書き出す方法があります。プロジェクトファイルは無理でもWAVであれば保存可能ということになります。

プラグインに関してはAAX対応で、マルチ音源の「Xpand!2」が標準搭載されています。エフェクトプラグインに関しても、基本的なDAWに搭載されているものはひと通りあるので、これからDTMを始める人には問題ありません。この辺りも課金により新しいプラグインを導入可能です。

注意点としてはAAXであってもサードパーティ製のものは使えません。アプリ内で購入したAVIDマーケットプレイスのものしか使えないとのことです。なので手持ちのプラグインはまったく使えないのでその辺は注意です。

また、Pro Tools FirstはUSBドングルのiLokは不要です。一般的なアクティベーションと同じような感覚になるのではないでしょうか。

ここまでざっと書いてみたのですが、フリーでこれだけのものを使えるという点では十分以上なのでは、と思いました。プロジェクト数以外に関する制限はこんなものだろうと。今後Pro Toolsを自身のメインDAWにしたい人や既に違うDAWで本格的に制作している人が仕事の幅を広げるためにPro Toolsの使い方を覚えるにもちょうど良いのではないでしょうか。

マシンスペックはそれなりに要求されるので導入を考えている人はPCの方もチェックしておいて下さい。

私もPro Toolsはあまり触ること無くここまでやってきたので、後学のために是非入手したいです。

また何か動きがあればこのブログでお知らせできればと思います。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

もしよろしければ下のSNSアイコンにて情報の拡散をお願い致します。

こちらの記事もどうぞ!!

・DAWの記事はこちらから

・ソフトシンセの記事はこちらから

・プラグインエフェクトの記事はこちらから

・サンプルパックの記事はこちらから



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。


【当ブログにて商品レビュー記事を載せてみませんか?】 商品などの提供を頂ける企業様がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。
詳細は「レビュー記事作成のご依頼について」をご覧ください。


Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top