スポンサーリンク

【AZU-log Vol.7】新元号は「令和」&4月は誕生月&雑記など

Pocket
[`evernote` not found]

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

まだ寒い日が続きますが4月に入りました。

近所では桜がきれいに咲いて、春らしい色になってきているように感じます。

お花見をするにはまだ肌寒いですが、企業によってはもうお花見なんかもしているかと思いますので、風邪をひかないように準備をして楽しんでくださいね。

という事でここからは雑記となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新元号は「令和」です

2019年4月一杯で平成も幕を閉じ、新しい元号は「令和」となり、5月からは「令和元年」が始まります。

万葉集の「時、初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。」という一文からの由来で、日本古典からというのは初めてとの事です。

個人的には清々しさを感じる良い元号だと思うのですが皆さんはどうでしょうか?

平成は経済、災害ともに苦難の時代だったので、今後は私を含めた日本に住む人達が楽しく暮らしていけるような毎日が送れると良いな、と思います。

あ、そう言えば書店で万葉集が売れまくってるらしいですね。

フェルメール展に行ってきました

天王寺にある大阪市立美術館にて開催中のフェルーメール展に行ってきました。

春休みということもあり、それなりの来客数ですが、大阪市美は広いのでゆったりと見る事が出来ました。

現存するフェルメールの作品は35点と言われており、ここではそのうちの6点が展示されています。

「光の画家」と言われている通り、まるで本当に日の光りが差し込んでいるかと思わせるような見事な色使いに息を飲み、感動しました。

特に「手紙を書く婦人と召使い」でそれを強く感じました。

やはり実物は迫力が違いますね。これは価値があります。

物販ブースでポストカードを買って帰りました。

いくつかはフレームにでも入れて作業デスクにでも飾ろうと思います。

春を感じた風景

フェルメール展の帰りは天王寺周辺を軽く散策していたのですが、4月ということもあり、春らしい風景が多く見られました。

大阪市立美術館の階段には紫が鮮やかなスミレが絨毯のように並べられていました。

ちゃんと近くで撮ったら良かった…

向かい側には少し遠くに通天閣が見えます。もう長いこと行ってないけど。

左側には桜がありますが、美術館周辺~天王寺公園には多くの桜が咲いていて、花見客で賑わっています。

一心寺も春になると見事な桜を見る事が出来ます。

その奥では蒼鷺が止まっていたのですが、スマホしか持っていなかったのでズームだとこれが精一杯…一眼が欲しくなりますね。

一生に一度の願いを聞いてくれる事で有名な堀越神社も桜がきれいでした。

一心寺と同じく天王寺のパワースポットの一つですね。

鳥居の右側にある桜が満開で、スマホでも近くで撮れたので嬉しかったです。

花粉症なのであまり植物には近づきたくないおっさんなのですが、桜だけは本当に好きな花なので毎年頑張って、そして毎年症状を悪化させています。

4月は私の誕生月なんです

そして4月21日は私の誕生日なので、あと少しで更におっさんに磨きがかかってしまいます。

21日は日曜日なのですが、今年も特別な事はせずにのんびりと過ごす予定です。

去年は身体もガタガタしてきたと思う事が多かったので、しっかりとケアをする1年にしたいですね。

一応今年もアマゾンのほしい物リストを公開させて頂きます。

終わりに

4月は学生、社会人ともに始まりの時期ではあるのですが、一月も経たないうちにGWが始まってしまいます。

しかも今年は皇位継承の影響で最大10連休…5月病が捗りますね。

まあ、サービス業の人にとっては「GW?なにそれ?おいしいの?」となるのでしょうが。

10日間バッチリ休める人は是非ウチのブログの過去記事でも読んで頂いて無駄な時間を浪費して頂ければ幸いです。

という事で4月もSymphonical Rainをよろしくお願いします。



【楽曲制作のご依頼をお受けしております】
ゲームやアプリ、映像作品ののBGM、ボーカル曲制作をご依頼の際は「AZU∞Soundworks」にてお受けしております。ご予算の相談もお気軽にどうぞ。


【音楽素材のダウンロード販売中です。】
各種コンテンツにご利用頂ける音楽素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。BGM、ボーカル曲ともに取り揃えております。
Pocket
[`evernote` not found]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top